50代独身女性が入るべきおすすめ保険は?

50代独身女性が入るべきオススメ保険!これなら安心

50代の独身女性はどんな保険に入っているか気になるところですね。

 

必要最小限だけ保険に入っている人もいます。

 

それとは逆に保険大好き女性もいますね。

 

貯金の一部として貯蓄型保険に入っている50代独身女性もいます。

 

配偶やや子供がいない場合は生命保険はあまり考えなくて良いとも言われていますよね。

 

でも、全く保険に入らないのは不安です。

 

保証はそんなにいらないと思うけど?

 

50代独身女性にオススメの保険はどんなものがあるか?

 

この保険なら安心と言うのを色々とご紹介しますね!

 

50代独身女性が必要な保険内容とは?

 

日本は長寿国として有名ですよね!

 

平均寿命と健康寿命には10年前後の開きがあるので、保険はしっかりと備えておきたいですね。

 

民間医療保険を考える上で、50代独身女性の場合、掛け捨てではなく貯蓄型の保険を選んだほうが安心できそうです

 

貯蓄型の保険は契約から15~20年経って解約すると、支払った金額以上にお金が返ってくるのが一般的です。

 

 

部分解約もできるのでまとまったお金が必要な時にも便利ですね。


 

50代女性は40代女性に比べ入院患者数が約2倍に急増するのです。

 

 

ガン保険を含む医療保険は備えておきたいです。

 

ガン保険を含む医療保険が大切な理由は?

 

ガン年齢とも言われる50代になり、乳ガンや子宮頸ガンといった女性特有のガンが増えるところです。

 

必要な保険内容としては入院と手術の際にお金を受け取れるのは当然でプラス一時金を受け取れるのも大事

 

独身だからこそ民間医療保険の1本は入っておくと安心です。

 

50代女性が注意したいかかりやすい病気

 

50代女性がかかりやすい病気の代表は?

 

女性特有のガンや生活習慣病、更年期障害が挙げられます。

 

  • 50代になると女性特有の病気だけでなく、
  • ホルモンや身体環境の変化により体力が低下したり、
  • 糖尿病や高脂血症などの生活習慣病もかかりやすくなります。

 

男性よりも女性の方が平均寿命が長いため、治療や入院が長引いてしまい保険が必要だと感じる場面が多いのです。

 

 

50代になると3人に1人が3大疾病や生活習慣病で入院すると言われているんですって!


 

そこで50代独身女性におすすめなのが生活習慣病保険です。

 

え?

 

そんな保険あるの?

 

生活習慣病保険には3大疾病の場合にもお金が受け取れるものが一般的です。

 

 

アラフィフモテ子は3大疾病に限って無制限で医療費が受け取れる保険に入ってますよ!


 

長期間の治療を要したり、後遺症が残ってしまうことで医療費が高額になってしまう生活習慣病に備える保険です。

 

公的医療保険では70歳以上から負担割合が1割になり、1か月の上限額を超えれば高額療養費制度を利用できます。

 

公的医療保険ではカバーできない疾患や治療、自己負担が必要な入院などの恐れもあります

 

独身だからこそ介護保険を考えよう

 

介護保険は介護が要する時でも出来得る限り自立した生活を営めるように、様々な介護サービスを提供するのが役目です。

 

介護保険には大きく分けて2種類あります。

 

年齢制限など所定の条件を満たした場合は利用ができる公的介護保険がつかえますが・・・

 

金銭的な保障や公的介護保険の所定の条件を満たせない場合は?

 

そんな時に必要になってくるのが入っておくと安心な民間の介護に特化した保険。

 

公的介護保険の場合は、利用料の1割を支払うことで介護サービス利用など受けられますね。

 

民間介護保険も備えることでお金の保障も受けられます。

 

70歳以上の4人に1人が介護を要する時代になってきているんですって。

 

独身者の場合、収入源も生活を営むのにも自分だけの力になりますよね。

 

介護が必要になると?

 

ゴミ捨てや買い物にも有料で頼む介護者が必要になってきたり・・・

 

近隣住民または親戚の協力を得る必要も出てきたりします。

 

そういったことも含め、介護が長期に渡り必要になると貯蓄だけでは心配なことがあるかもしれませんね。

 

介護保険は50代独身女性にとっては安心できる保険です。

 

介護保険は高齢になればなるほど支払いが高くなりますが、年金としても受け取れるタイプもあるので助かります。

 

 

毎月の保険料の支払いがきつくなければ、年金としても考えられる介護保険は入っておく価値ありですね!


 

50代女性も3大疾病に強い保険が必要

 

3大疾患に強い保険は三大疾病保障保険です。

 

50代は3大疾病にもかかりやすい年齢ですね。

 

三大疾病保障保険はガン、脳卒中、心筋梗塞を患ってしまった際、保険会社が定める状態に該当すると保障を受け取れます。

 

またもしもの時やや高度障害になってしまった場合も、それぞれ保険金が受け取れます。

 

三大疾病保障保険は?

 

民間医療保険とガン保険に加えて備えておくのがおすすめのようです。

 

その理由としては発症数十日後に100万単位の保険金を受け取れるため、

 

治療費やその後の生活費としても充てられます。

 

3大疾病は男性になりやすい病気ではありますが、50代女性でもかかる割合は40%を超えています。

 

また3大疾患は日本人の死因のトップでもあります。

 

三大疾病保障保険は一時金のみですが、

 

入院や治療の期間に収入が減ったりなくなったりする可能性を考えると必要な保険ですね。

 

50代独身女性にオススメの保険はたくさんあれど?

 

収入に応じて無理がなく支払っていける保険を!

 

その上で、自分に最低限必要な保険をチョイスすると安心ですね。

 

最初はここから!

 

50代独身女性にはどの保険のタイプが良い?

複数の保険を比較!無料でパンフレット請求お気軽に

↓↓

広告

関連ページ

50代歯周病で入れ歯にならないための対処法とは?
50代ともなると歯周病で悩んでいる人も少なくありません。 早い人は部分入れ歯や総入れ歯の50代もいます。 人工的なもので作った入れ歯は噛みずらいお金はかかるし、し良いことはありませんね。 50代歯周病で入れ歯にならない為の対処法があったら知りたいですよね?
50代女性に増えるがん予防とは?
50代女性がかかりやすい女性特有のがんと言えば乳がんと子宮がんです。 がんにならない為の予防法もあります。 早期発見もそうですが、自分でおかしいなと少しでも思ったらが早めの受診が大切です。 病院へ行くのが遅かった、ただそれだけのために余命を告げられた人もいます。
50代女性身体の不調の原因は日常生活にあった!
50代女性は身体の不調が出るころですね。急に体の不調の非が続くようになったと言うのも50代前後からが多いのです。長年の活性酸素やホルモンの低下等も原因ではあります。食べ物、他の生活を見直すだけで、身体の不調を改善できるとしたら?
50代に多いうつ病、病院に行かない改善方法とは?
50代女性は環境の変化や体の変化などで心の病にかかりやすくなっています。睡眠障害からおかしいなと感じることも多いのです。出来れば病院に行かずに不安感などからくるうつ病など改善したいですよね!ストレスを緩和する方法はあります。病院へ行かずに軽い症状でしたら改善するかもしれません。
50代眠れない!睡眠障害の原因や改善方法は?
今までは普通に眠くなり、自然と眠りについていたのに、50代になってからと言うもの中々眠くならない上に、夜中に目が覚めてしまう・・・早朝にはもう眠くなくなってしまうと言う現象はありませんか?それは50代という年齢ならではの原因があります。眠れない場合の改善方法を知っておくと、心身ともに楽になります。
不安や孤独感を感じている50代女性必見!気持ちを楽に過ごせる方法とは?
50代女性は身近に起こっていることに色んな変化を迎えるときです。結婚していれば夫の定年退職、子供の学生生活卒業やひとり暮らしをはじめたり、結婚ということもあります。今までとは違った環境に心がついていけないことも多々あります。まして女性ホルモンが減少する50代の女性の体は不安感と孤独感で悲鳴をあげていることもあります。
50代女性の悩み事!更年期の症状と老いはどうやって克服する?
50代女性の悩み事で多いのはやはり更年期の症状と、年齢的に老いを受け入れていくこと。更年期の症状は人によって様々ですよね。また老いと言う現実を受け止めてポジティブに生きるにはどうしたら良いのでしょうか?