夏までに確実に5キロ減らすダイエットはいつからやったら良い?

夏までに確実に5キロ減らすダイエットはいつからやったら良い?

 

ダイエットには色々な方法がありますよね!

 

とにかくどんな方法でもいいから、今から夏までに確実5キロ減らすダイエットがあったらなと思っている人は多いのでは?

 

いつからダイエットに取り組めば、確実に体重を落とすことが出来るのでしょうか?

 

ライザップも良いけど、そんなお金はかけられないという人にお金をかけずに痩せる方法は?

 

3か月本気でダイエットをやったら何キロまで落とせる?

 

お腹周り、ウェストサイズ、体重が気になっている人に朗報!

 

内臓脂肪皮下脂肪、BMIを助ける機能性関与成分「葛の花由来イソフラボン」配合「シボヘール」は最近かなり認知されてきました。

 

 

web限定一か月でもやってみる価値ありの楽々定期便980円(通常価格3218円)

 

まずはお腹の脂肪を落とせばこんなに嬉しいことはないですよね!

 

定期縛りなし、今大注目の機能性表示食品である「シボヘール」
↓↓↓


 

 

最初の体重が100㎏ある人は10kg落とすことは意外と簡単ですよね。

 

 

でも60㎏の人が10㎏落とすことは、大変です。

 

 

最近は身長が160センチ45キロの人まであと2~3キロ落としたい!

 

と言っている女性もいます。

 

 

その人の現在の体重や体質で3カ月本気でダイエットした場合の体重変化は違います。

 

 

女性で60㎏160㎝の人が本気で3カ月間本気でダイエットをしたとすると6㎏くらいは減らすことができるでしょう。

 

実際はもっと体重は減らすことが出来ます。

 

でも無理のない体重の減らし方を考えると、月に2キロくらいがベストでリバウンドもしにくいと言われています・

 

 

 

無理なダイエットをすると、女性の場合は特にホルモンバランスの乱れや自律神経の乱れなどが起こります。

 

 

栄養や運藤のバランスをとれた生活をしながらダイエットをすると、魅力がアップした女性になれますよ。
そう言ったことを考えると、月に2キロくらいのダイエットが望ましいですね!


 

 

3か月、本気で痩せるには毎日の消費カロリーをぐっと増やし、摂取カロリーを減らすことです。

 

 

そのためには糖質や脂肪の多い物をかなり減らし、筋トレなどの運動で消費カロリーをかなり増やすことが必要です。

 

 

あまりにも過酷な食事制限だとなかなか続きにくく、体にも悪いのでおすすめできません。

 

時には命にかかわることもあります。

 

 

夏までに痩せるダイエットはいつから始めたら良いの?

 

 

夏までに痩せるダイエットはお正月落ち着いたころからそろそろら始めると緩やかなダイエットになり体にも負担がないですね。

 

 

どうしてもダイエットすることを考えると、ギリギリになってしまいますよね。

 

例えば、4月5月くらいから夏に向けてとなると急激に頑張ってしまいかねませんよね。

 

 

お正月はたくさんどうしてもたくさん食べてしまいます。

 

 

すると、1.2㎏くらいすぐに増えてしまいますね。

 

それが毎日蓄積していくとすごいことになっていきます。

 

まさかの体重計にのってがっかりします。

 

夏までに5kg痩せるために1月のお正月後から初めて6か月を目標にすると無理がなく、目標にも達成できそうです。

 

 

アプリの「あすけん」では、3か月で3.6kg減っているので、5㎏減らすために6か月を目標にしましょう。すると、1カ月のカロリーの消費量がわかります。

 

 

1㎏落とすためには7,200kcalを消費しないといけないので、1月はお正月後になるので500g、2~5月は毎月1㎏ずつ、6月は500g減らすとします。

 

 

1月6日~31日は20日間あるので、1日当たり180kcal減らすことになります。

 

 

 

6月は1日当たり120kcal、2~5月は1日当たり240kcalなので、毎日のメニューをこなせば到達できない目標ではありません。

 

ダイエットアプリに毎日記録していくとダイエットがしやすくなり、目標も見えてきます。

 

 

無理のないダイエットは3か月に何キロまで落とせる?

 

 

無理のないダイエットとは、健康的に痩せることです。

 

 

あすけんアプリの登録者の平均は3か月で3.6kgのダイエットに成功しているので、管理栄養士のサポートの下に食事を管理していくと、3㎏~4㎏は3か月で無理なく痩せられることになります。

 

 


急激に痩せると、生理が止まって若くても若年性更年期障害になり、ホットフラッシュやうつなどの症状が出てきます。
その上、生理が止まることは、女性ホルモンの分泌が減ることになるので体形も悪くなります。

 

それは、女性の肌にてきめんに表れ、たるみやしわがある肌になる可能性があるので、急激なダイエットはおすすめしません。

 

夏までに確実に5キロ減らすダイエットのコツとやり方(食事や運動など)

 

ダイエットアプリがおすすめ

 

今は便利なアプリがあり、いつまでに何キロ落とすかによって管理栄養士の指導がついて、毎日の体重管理やカロリー計算をしています。

 

スマホを持っている人はダイエットアプリを活用すると効果的です。

 

脂肪を1㎏減らすには7,200kcal使うことが必要です。

 

1カ月2キロ減らすとすると、1日当たり480kcal使わなくてはなりません。

 

そのようなカロリー計算もダイエットアプリでは簡単に出てきます。

 

ダイエットアプリには「おはよう日本」でも紹介された「あすけん」が便利です。

 

 

このアプリを使っている人が3か月で平均3.16kgのダイエットに成功し、食事記録や体脂肪率の変化も記録できます。

 

 

糖質制限やダイエットも管理栄養士がサポートするので、健康的にダイエットできます。

 

 

プチ断食でデトックス

 

1日間の絶食で体の毒素をデトックスしましょう。

 

デトックスすると、体の代謝が高まり、痩せやすい体になります。

 

週に1日デトックスする日を決めると、体の毒素が抜けて体内がきれいになります。

 

断食の間は無添加スムージーや手作りの野菜ジュースしか飲みません。

 

貧血などがある人は無理をしないでくださいね。妊娠中の人や病気を持っている人も断食は×です。

 

食事は和食中心のメニューがおすすめ

 

炭水化物はご飯やパンよりも玄米がおすすめです。

 

玄米はGI値が低いので、血糖値があがりにくく、食物繊維やビタミンが含まれています。

 

玄米にすると、便通が良くなり、食べる量が減ります。

 

たんぱく質は赤みの豚肉や鶏肉などや魚、大豆製品、卵など、良質なたんぱく質をたっぷりと取って、筋肉量を増やします。

 

 

野菜はたっぷり食べましょう。

 

お腹がすいているとやる気も失せてイライラが貯まりリバウンドすることになります。

 

 

この時はノンオイルのドレッシングを使い、マヨネーズなどのカロリーの高い物は避けましょう。

 

どうしても間食をしたいなら、お昼の2時ごろは血糖があがりにくい時間なので、その時間にナッツを食べるか、スムージーを飲んでお腹の足しにしましょう。

 

 

酢のものは血液をサラサラにする効果があるので、健康面からみても毎日の食卓に並べるといいですよ。

 

砂糖や塩分は控えめで作ります。血液がさらさらになると、むくみが予防され酸素が全身にいきわたります。

 

 

食べる順番は、酢の物→サラダ→タンパク質→炭水化物です。その食べ順にすると血糖値が上がりにくく脂肪を蓄えにくいのです。

 

無酸素運動と有酸素運動を取り入れる

 

無酸素運動のスクワットやプランク、腕立て伏せなどの筋トレは筋肉を作り、代謝を高めることができ、カロリーを消費しやすい体になります。

 

 

無酸素運動をして体の脂肪を燃焼しやすい時に20分間ウオーキングなどの有酸素運動をすると、消費カロリーがアップし、効率的に脂肪を燃焼する方法です。

 

こちらの記事もどうぞ!

 

参考記事➡50代女性体脂肪の減らし方!体脂肪30%を切る効果的な方法

 

まとめ

 

夏の服は体形がわかりやすいですね。

 

細いボトムスやミニスカート、きゅっとしまったウエストなど憧れます。

 

 

夏までに無理なく5㎏痩せるには、お正月後位から毎日の摂取カロリーを減らし、消費カロリーを増やすことで無理のないダイエットができます。

 

 

一人ではなかなか続かないですが、ダイエットアプリ「あすけん」をつかうと、管理栄養士のサポートの下にカロリーをコントロールして毎日の食事を考えることができるので、ダイエットに成功した人が多いです。

広告

関連ページ

50代にオススメの今人気うわさの簡単ダイエットティ
50代女性のダイエットは難しいと言いますね。代謝が悪くなっても見事に痩せた人もいます。お金をかけずに痩せる方法や、有名なサプリメントを飲んで痩せた体験なども綴っています。
50代女性のダイエットにおすすめの方法とは?
50代になるとだんだん代謝も低くなり痩せにくい体質へと変化していきます。 でもいつまでも綺麗でいたい、顔はもちろんボディにも気を使っていつまでもスタイルをキープしていたい50代女性もいます。 50代女性に適したダイエット方法に触れて行きます。
50代女性のお金もかけずに簡単に痩せる方法とは?
50代女性の代謝はずいぶん悪くなっています。 色々なダイエット法をお金をかけてやっても続かない人も多いですよね。 ここで、お金をかけずに6㎏痩せたダイエット術を伝授いたします。
50代女性に効果的なダイエットと言えば?
50代女性に効果的なダイエットとは? かなり若い頃と違って代謝が悪くなってきています。 今までのダイエット法では痩せなくなっていると嘆いている女性もいます。 ダイエットを続けるのに一番はその人に合ったダイエット法を見つけ出すと言う事。 その中で私は社交ダンスが50代女性には適したダイエット法だと思います。 置き換えダイエットもどれを置き換えるかのよって成功することも出来ます。
50代女性のダイエットの難しさを改善する方法
50代女性のダイエットの難しさは? 更年期の頃から閉経の頃にかけて、かなり代謝も悪くなってきています。 一つに低体温とストレスが! 身体を温めて、低温体質を改善して難しい50代のダイエットに挑戦しましょう。 優さんその他に無酸素運動も大事です。 身体を温める食べ物を摂ると? 代謝も良くなりますね。
50代女性体のラインが崩れないためのとっておきの対策方法
50代女性は急に代謝が悪くなって体型も崩れると言います。 太ってしまったと言う女性は50代になると多くなってきますね。 更年期や閉経で女性ホルモンが急激に少なくなるため太りやすくなってしまっています。 でも、まだまだ50代女性は体系を崩したくないですよね。 50代女性が体のラインを崩さない対策方法があったら良いと思いませんか?
50代は短期ダイエットはライザップで、体質改善が早道
50代で短期ダイエットを考えている場合、どんなことをしたら痩せることが出来そうですか?年齢的に代謝もかなり落ちています。痩せる前に体質改善が必要になってきます。運動も無酸素運動を心掛けると違います。そんな指導法で短期ダイエットを成功させるにはライザップが理想的。ライザップに通うとどんな良いことがあるのか調べてみました。
50代女性太っていないのにメタボ?
50代女性は太っているのではなく、お腹周りが大きいと言う人多いですよね。お腹だけなんだけど。初めてメタボと言われ、悲しんだ50代女性もたくさんいると思います。どうしたらお腹周りを小さくできるのか?食事やスポーツだけではないメタボ脱出のヒントが!
冷やごはんダイエットは代謝が落ちてきた50代女性におすすめ
最近テレビでも話題になっている「冷やごはんダイエット」。こちらは、一旦ごはんを冷やして食べることをおすすめしています。冷やすことにより、難消化性と言うデンプンに代わり、冷やご飯を食べても糖の吸収を抑えてくれる効果があるのです。他の炭水化物によっても冷やすことでダイエットが期待されるのもあります。代謝が落ちた50代女性にはうってつけですね。
50代女性お腹の脂肪の正体!ポッコリお腹解消法とは?
50代のお腹ポッコリはイヤですよね。今まではそんなにお腹は出ていなかったのに???急にここの所お腹がぶよぶよ担ってきたと嘆いている50代女性はとても多いのです。代謝が悪くなった、それは加齢のせい女性ホルモン減少等の理由があります。でもそれだけではありません。冷え性だったり、便秘体質に慣れてしまったり、ストレスもいつも回避できていない状態だと、太ってきます。太るだけではなく50代はお腹に内臓脂肪として蓄積しやすくなっています。そうならないためのお腹ポッコリ解消法とは?
50代女性体脂肪の減らし方!体脂肪30%を切る効果的な方法
50代女性の体脂肪はけっこう高いですね。若い頃と比べて閉経などもあり脂肪を漏らすすべが減ってきているのです。昔と同じような食事をしていても体重は増え体脂肪は段々と高くなっていくのは、体の状態から行くと当たり前なのです。30%の体脂肪がある女性は体脂肪が減る効果的な方法を探しています。
美甘麗茶は50代の女性におすすめ!デトックスティのその秘密は?
美甘麗茶は50代の女性におすすめします!50代の私が1年前から飲んでいる美甘麗茶!成分を見たらきっと納得します。飲み方も普通のお茶と同じように手軽に飲んでデトックス。人気が衰えない美甘麗茶その秘密は?
50代女性の体型と体重の変化は閉経後にやってくる!柔らかお腹ポッコリ解消するには?
50代女性の体型と体重の変化は閉経後にやってくるんです。痩せている人さえ加齢によりお肉は柔らかくなりぶよぶよ体型に。これは女性ホルモンの減少による仕業なんです。体重を減らして柔らかお腹ポッコリ解消するには?