50代に多いうつ病、病院に行かない改善方法

50代に多いうつ病、病院に行かない改善方法とは?

50代は環境が色々と変わる時期。

 

家族がいる場合は子供が巣立つ頃。

 

夫は定年退職をする頃。

 

50代の女性の身体は閉経を迎えるころでもあり、ホルモン値がかなり急激に落ち込みます。

 

そんな変化だらけの環境で生き抜く50代女性はうつ病にかかりやすいと言われています。

 

40代から60代に多い「心の病」50代前後のうつ病は多くなっています。

 

あなたはこんな症状はありませんか?

 

50代に多いうつ病、病院に行かない改善方法とは?

 

50代のうつ病のサインとは?

 

様々な環境の中で、50代女性はもっとも変化が多い時期ですね。

 

自分では何も変わっていないはずなのに、眠れなくなったなどありませんか?

 

ちょっとした身体の変化でもそれはれっきとした「うつ病」かもしれないのです。

 

50代に多いうつ病、あなたはこんな症状はありませんか?

 

  • 今までオシャレだったのに、あまりオシャレに関心が無くなったのと同時に出かけるのが面倒になった。
  • 睡眠が浅い。
  • 眠っても眠ってもスッキリしない。

 

50代に限らずうつ病の兆しは眠りの変化から気づくこともあります。

 

 

私はあまりにも睡眠障害がひどかったので、病院にかかり検査をしました。
40代中頃から女性ホルモンも減るので、寝つきが悪くなる場合が多いお医者さんから言われました!


 

年齢的な睡眠障害はある程度は仕方がないのだそうです。

 

プラセンタはこういった女性の不調にも効果があるとの事で、1週間に2回ほどプラセンタの注射を打ちに往復3時間かけて通ってました。

 

「心の風邪」は我慢をする?それとも病院へ

 

睡眠障害は今だけかもしれないし様子を見よう!なんてこともありますよね。

 

ハーブティやホットミルクで少しは寝つきが改善もされます。

 

でも・・・中には重症化してしまったり、早めに何かしらの治療をしなかったために長期にわたって調子が悪くなる場合もあります。

 

睡眠障害以外にも、めまいや動機やいつも不安感が強いなどの症状があった場合はなるべく早めに病院にかかった方が傷は浅くすみます。

 

  1. 受診するのは「精神科」又は「心療内科」が良いですね。
  2. 出来たらカウンセリングも時間をかけて受けた方が気持ちも楽になります。

 

同じうつ病でも「激越うつ」と言うのもあります。

 

50代頃からかかりやすいうつ病と言われていますが、気持ちが激しいもの。

 

認知症とも似ています。

 

50代女性で家族がいれば、なんかおかしいなと思ったら少しでも早め早めの受診が良いですね。

 

50代独身女性がうつ病にかかったら?

 

 

家族がいる人は良いけど・・・私みたいな50代おひとり様は50代独身女性のうつ病は自分で何とかするしかありません。


 

うつ病かな?ストレスを減らすには「セロトニン」を増やそう!

 

「セロトニン」不足でストレスを人より強く出る場合もあります。

 

それならセロトニンを増やせば良いんですよね!

 

「幸せホルモン」と言われてるセロトニンはどうやって増やすことが出来るのかと言いますと?

 

善玉菌を増やすこと!

 

セロトニンと腸の関係は最近特に注目されています。

 

植物性乳酸菌を摂りいれるだけで、善玉菌が増えストレスや不安感が減ることがわかっています。

 

私がやっているセロトニンの増やし方は

 

  • 午前中の犬の散歩で太陽の陽を20~30分浴びること。
  • セロトニンの原料のトリプトファンが多く含まれていると言うバナナも1週間に1房は買って食べています。
  • 便秘の改善にも一役かいますし、バナナダイエットとして一食置き換えることもあります。

 

 

そしてマグネシウムはセロトニンが増えると言われています。

 

お豆腐類も積極的に摂ると良いですよ!

 

これまた50代女性のダイエットとして強い味方ですからね!

 

最近眠れないな、不安感がものすごく強いのは何だろうと思ったらセロトニンを身近なところから増やしてみてくださいね。

 

それでもおかしなと思ったら、サプリで症状を緩和させたりカウンセリングで気持ちを楽にしたり。

 

ひどくならないうちに先手先手で切り抜けたいですね!

 

セロトニンをぐぐっと上げて良質な眠りを!

 

楽天で堂々1位を200週以上を獲得!

 

メンタルサプリ専門の地位を確立した確かなお店から

 

不眠、うつ病、パニック障害、自律神経失調症、更年期障害、ストレスを抱えている方へ

 

広告

関連ページ

50代歯周病で入れ歯にならないための対処法とは?
50代ともなると歯周病で悩んでいる人も少なくありません。 早い人は部分入れ歯や総入れ歯の50代もいます。 人工的なもので作った入れ歯は噛みずらいお金はかかるし、し良いことはありませんね。 50代歯周病で入れ歯にならない為の対処法があったら知りたいですよね?
50代女性に増えるがん予防とは?
50代女性がかかりやすい女性特有のがんと言えば乳がんと子宮がんです。 がんにならない為の予防法もあります。 早期発見もそうですが、自分でおかしいなと少しでも思ったらが早めの受診が大切です。 病院へ行くのが遅かった、ただそれだけのために余命を告げられた人もいます。
50代女性身体の不調の原因は日常生活にあった!
50代女性は身体の不調が出るころですね。急に体の不調の非が続くようになったと言うのも50代前後からが多いのです。長年の活性酸素やホルモンの低下等も原因ではあります。食べ物、他の生活を見直すだけで、身体の不調を改善できるとしたら?
50代独身女性が入るべきおすすめ保険!これなら安心
50代独身女性はどんな保険に入っておけば安心なのでしょうか?色々と保険のタイプもあります。50代と言う年齢からガンにかかりやすい年齢ですね。それを考えると女性のガンに特化したがん保険も入っておくと一時金が受け取ることが出来て安心です。その他に三大疾病に厚い保険や、介護保険なども入っておくと安心はできそうです。
50代眠れない!睡眠障害の原因や改善方法は?
今までは普通に眠くなり、自然と眠りについていたのに、50代になってからと言うもの中々眠くならない上に、夜中に目が覚めてしまう・・・早朝にはもう眠くなくなってしまうと言う現象はありませんか?それは50代という年齢ならではの原因があります。眠れない場合の改善方法を知っておくと、心身ともに楽になります。
不安や孤独感を感じている50代女性必見!気持ちを楽に過ごせる方法とは?
50代女性は身近に起こっていることに色んな変化を迎えるときです。結婚していれば夫の定年退職、子供の学生生活卒業やひとり暮らしをはじめたり、結婚ということもあります。今までとは違った環境に心がついていけないことも多々あります。まして女性ホルモンが減少する50代の女性の体は不安感と孤独感で悲鳴をあげていることもあります。
50代女性の悩み事!更年期の症状と老いはどうやって克服する?
50代女性の悩み事で多いのはやはり更年期の症状と、年齢的に老いを受け入れていくこと。更年期の症状は人によって様々ですよね。また老いと言う現実を受け止めてポジティブに生きるにはどうしたら良いのでしょうか?