更年期の坐骨神経痛の原因温めるのか冷やす

更年期の坐骨神経痛の原因と自分でできる対処法!温めるのか冷やすのか?

 

 

更年期に坐骨神経痛なんてなるなんて!

 

そう感じている40代50代の女性は少なくないんですよね。

 

 

 

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている

 

坐骨神経がなんらかの原因で圧迫・刺激される

 

ことにより痛みを伴う病気です。

 

 

 

私が初めて坐骨神経痛と言われたのは、街のマッサージ師の人でした。

 

 

 

お尻のあたりを押されたら痛かったんですよね。

 

 

 

でもそれだけで「あなたは坐骨神経痛だわ」

 

と言われるのもなんだか・・・

 

 

坐骨神経痛らしき症状が続くと、腰痛はもちろんしびれも出てくるので

 

生活に支障をきたすこともあります。

 

 

 

特に更年期になると発症しやすいといわれる坐骨神経痛ですが、

 

 

その理由をご存知でしょうか?

 

 

また、病院で治療を受けている方もいらっしゃると思いますが、

 

実は自分で痛みを改善できる対策もあるんです。

 

 

今回は、そんな坐骨神経痛について解説させていただきます。

 

 

更年期に坐骨神経痛になる人が多いのは加齢のせい?原因は何?

 

 

坐骨神経痛にも種類があり、無理な動きにより発生

 

する「梨状筋坐骨神経痛」や「椎間板ヘルニア」、

 

 

そして更年期が発症しやすいとされるのが「腰部脊柱管狭窄

 

(ようぶ せきちゅうかん きょうさく)」など種類がたくさんあります。

 

 

多くの場合、腰痛を発症してから太ももやお尻、

 

 

すねなどに痛みやしびれが出てきます。

 

 

「腰部脊柱管狭窄」は、40代・50代ともなると老化などが原因で

 

脊柱管が狭くなり、神経根が圧迫されることにより

 

痛み・しびれを発症します。

 

 

場合によっては、歩行障害ともなりうる恐ろしい病気です。

 

 

坐骨神経痛は温める?冷やす?

 

 

結論からいえば坐骨神経痛は「温める」ことが正解です。

 

 

間接的な要因として冷えが上げられます。

 

 

冷えは身体の筋肉を固くし、関節等の動きに違和感を与えます。

 

 

この 冷えを改善することにより、血流促進に繋がり坐骨神経痛

 

やリウマチなどの痛みは緩和されます。

 

 

病名によっては、冷やした方が良いものもあるので

 

一概に「痛みを取る=温める」というのは内容によって変わるようですね。

 

 

片頭痛は冷やす。

 

ぎっくり腰は冷やす。

 

腰痛は温めるなど等。

 

 

一般的な見分け方としては、ぎっくり腰などの急性症状は

 

"冷やす"、坐骨神経痛などの慢性症状は"温める"

 

ことを推奨されています。

 

 

更年期世代の坐骨神経痛の自分でできる対処方法

 

 

前述したように、坐骨神経痛には温める方が

 

痛みを緩和できます。

 

 

そこで、手軽にできる温め方法をご紹介します。

 

 

実践してみて痛みを感じるようなら使用を控えてください。

 

 

①湯船に浸かる

 

手っ取り早く身体全体を温めることができる1番簡単な方法です。

 

身体が固まってしまっているので湯船にしっかりと浸かり、

 

ストレッチなどを軽く行うのも良いです。

 

 

39〜42℃が適温です。時間としては10分は入っていただきたいです。

 

 

夏場など長く湯船に入っていられないようなら半身浴でも大丈夫です。

 

 

入浴自体にもリラックス効果があるので身体と心を癒しましょう。

 

 

長く入れば入るほど効果的というわけではないので、ほどほどに♪

 

 

のぼせてしまうと大変なので、無理のない程度に入浴してください。

 

②カイロを部分的に貼る

 

腰や足など痛みを感じる部分にカイロを貼る方法です

 

枚数は1〜2枚を目安に貼りましょう。

 

 

じんわりと温めることができるので

 

じわじわと痛みを緩和することができます。

 

 

もし、効果が薄いと感じる場合は、痛みを感じる

 

部分と少しずらして貼ると効果が出ることもあります。

 

 

低温火傷を起こさないよう使用上の注意が必要です。

 

③同じ体勢でいない

 

毎日座椅子に座ってばかりいたり、

 

重い荷物を無理に持ったりと身体に負担をかけていませんか?

 

 

同じ体勢をキープしたり、無理な動きしていると、

 

同じ身体の部位ばかりに負担がかかってしまい

 

症状を悪化させてしまいます。

 

 

座椅子などは特に更年期に入ると使い勝手の

 

良い便利なグッズですが、腰に負担がかかってしまいます。

 

 

適度に立ってみたり、寝転んだりと体勢を崩しましょう。

 

 

無理な動きはせずに、楽な姿勢を取ってください。

 

④下半身を冷やさない

 

坐骨神経痛では下半身の筋肉が痛みを引き起こします。

 

 

そのため、下半身を特に冷やさないことで痛みを緩和できます。

 

 

具体的には、女性ならレギンスやタイツを履いてみたり、

 

冬ならご自宅で二枚重ねのズボンを履いてみたりと対策は自由です。

 

 

スカートだけでは下半身を冷やしてしまいがちです。

 

 

特に冬はなるべくズボンなど温かい素材で風をあまり通さないものが良いです。

 

更年期世代の坐骨神経痛やリウマチの悩みには体を芯から温める入浴剤をおすすめします。

 

公式サイト➡更年期の坐骨神経痛やリウマチにおススメな入浴剤!カンカイとは?

広告

関連ページ

50代歯周病で入れ歯にならないための対処法とは?
50代ともなると歯周病で悩んでいる人も少なくありません。 早い人は部分入れ歯や総入れ歯の50代もいます。 人工的なもので作った入れ歯は噛みずらいお金はかかるし、し良いことはありませんね。 50代歯周病で入れ歯にならない為の対処法があったら知りたいですよね?
50代女性に増えるがん予防とは?
50代女性がかかりやすい女性特有のがんと言えば乳がんと子宮がんです。 がんにならない為の予防法もあります。 早期発見もそうですが、自分でおかしいなと少しでも思ったらが早めの受診が大切です。 病院へ行くのが遅かった、ただそれだけのために余命を告げられた人もいます。
50代女性身体の不調の原因は日常生活にあった!
50代女性は身体の不調が出るころですね。急に体の不調の非が続くようになったと言うのも50代前後からが多いのです。長年の活性酸素やホルモンの低下等も原因ではあります。食べ物、他の生活を見直すだけで、身体の不調を改善できるとしたら?
50代に多いうつ病、病院に行かない改善方法とは?
50代女性は環境の変化や体の変化などで心の病にかかりやすくなっています。睡眠障害からおかしいなと感じることも多いのです。出来れば病院に行かずに不安感などからくるうつ病など改善したいですよね!ストレスを緩和する方法はあります。病院へ行かずに軽い症状でしたら改善するかもしれません。
50代独身女性が入るべきおすすめ保険!これなら安心
50代独身女性はどんな保険に入っておけば安心なのでしょうか?色々と保険のタイプもあります。50代と言う年齢からガンにかかりやすい年齢ですね。それを考えると女性のガンに特化したがん保険も入っておくと一時金が受け取ることが出来て安心です。その他に三大疾病に厚い保険や、介護保険なども入っておくと安心はできそうです。
50代眠れない!睡眠障害の原因や改善方法は?
今までは普通に眠くなり、自然と眠りについていたのに、50代になってからと言うもの中々眠くならない上に、夜中に目が覚めてしまう・・・早朝にはもう眠くなくなってしまうと言う現象はありませんか?それは50代という年齢ならではの原因があります。眠れない場合の改善方法を知っておくと、心身ともに楽になります。
不安や孤独感を感じている50代女性必見!気持ちを楽に過ごせる方法とは?
50代女性は身近に起こっていることに色んな変化を迎えるときです。結婚していれば夫の定年退職、子供の学生生活卒業やひとり暮らしをはじめたり、結婚ということもあります。今までとは違った環境に心がついていけないことも多々あります。まして女性ホルモンが減少する50代の女性の体は不安感と孤独感で悲鳴をあげていることもあります。
50代女性の悩み事!更年期の症状と老いはどうやって克服する?
50代女性の悩み事で多いのはやはり更年期の症状と、年齢的に老いを受け入れていくこと。更年期の症状は人によって様々ですよね。また老いと言う現実を受け止めてポジティブに生きるにはどうしたら良いのでしょうか?
更年期の発汗多汗はこうして乗り切る!ホットフラッシュを抑えるための5つの対処法
更年期の発汗多汗等のホットフラッシュは辛いですよね。そんな更年期障害の症状をを抑えるための5つの対処法とは?
ホットヨガは40代50代の更年期にこそおすすめ
ホットヨガは40代50代の更年期におススメしたい理由がたくさんあります。更年期世代は代謝が悪くなっているので、痩せにくい。ダイエット効果を期待できるのもホットヨガです。たくさんの汗をかき、デトックスさせて、血の巡りをよくするほかストレス解消にも一役買ってます。まずはやってみなくちゃわからないですよね。ホットヨガの費用や体験についても調べてきまいた。
更年期よりも閉経後のほうが断然太る!生理が無くなったら体形は崩れるいっぽう?!
更年期よりも閉経後のほうが断然太るんですよね。更年期が太ると思っている女性も多いのですが、生理があるうちは女性ホルモンに守られています。代謝が悪くなっておばさん体形になり太りだすのは閉経してからなのです。太って崩れるいっぽうの体系を食い止める方法は?
更年期の坐骨神経痛やリウマチにおススメな入浴剤!カンカイとは?
更年期世代はいろんな体の不調に悩まされますが、その一つに坐骨神経痛があります。この病気の患者の9割は冷え性が原因。まずは冷え性改善からですね。芯から温まることをしないと冷え性はなかなか治りません。そこでカンカイと言う入浴剤を使った方の口コミをご紹介いたします。