50代事実婚のメリットとデメリット

50代事実婚のメリットとデメリットとは?

50代ともなると、事実婚の方が良いと言う人がいます。

 

籍を入れると色々な諸事情が面倒になるし、困りごとも増えて来てしまうから。

 

結婚にこだわる事もないと言う人たちも50代くらいになると増えてきます。

 

籍を入れて結婚した方が法的には守られますし、保障や年金諸々違って来ます。

 

それよりも事実婚の方をを選んだには何かメリットを感じたからです。

 

事実婚のメリットとデメリットについて触れて行きます。

 

事実婚でいるメリットは?

 

籍を入れない事実婚の方が良いメリットはどんなことなのでしょうか?

 

籍を入れない理由は人によって様々。

 

籍を入れないと言うよりも、籍を入れられないと言うカップルもいます。

 

決定的には、この事実婚が不倫の場合。

 

本妻がいるにも関わらず?

 

籍が抜けない離婚できない理由がある場合、一方で事実婚していると言う事もあるんです。

 

 

少数派ですが、不倫相手と夫婦として暮らしているカップルは確かにいるんです。

 

実際は本妻がいるのに又は、女性の方が修復不可能な夫がいるのに

 

他の人との夫婦の形をとっていると言った複雑な関係。

 

特に離婚する必要はないし、特に籍を入れる必要もない。

 

実際は、体験者から聞いたり自分が経験していないと中々理解しがたい部分です。

 

籍を入れると一番問題なのは、財産のこと。

 

子供がどちらかに又は双方にいた場合、子供がまずは籍を入れることを反対します。

 

自分たちにもしも何かあった場合は、財産は子供たちが関わってきます。

 

事実婚であれば財産でもめる必要がないと言うメリットがあります。

 

名字を変える必要もないメリットもあります。

 

この関係が壊れても離婚ではないので、戸籍が変わる事もなくしれ~っと生きる事も出来ます。

 

事実婚は50代に多い

 

事実婚をしている50代が周りに3人います。

 

けっこうな確率です。

 

おそらくもう少し若い年代だったら、籍を入れて夫婦になった方がメリットを感じる部分ではあります。

 

 

もしもの時の遺族年金や社会的に優遇されるのは、籍を入れていないとダメですからね。

 

いくら一緒に住んでいても!

 

それが、50代くらいになると自分で経済的基盤が出来ている人もいます。

 

今更籍を入れたところで名字も変わる、今までの財産が今からの人にわたる可能性を考えてら?

 

籍を入れたところでメリットを感じないと言う考えになってしまうんですよ。

 

事実婚のデメリット

 

何の保証もない。

 

独身でいる事の不安定な身分。

 

周りからの好奇な目。

 

国で保障されていない為、事実婚であるデメリットがあります。

 

事実婚でも幸せ

 

籍を入れる事の面倒を考えると、今のまま事実婚で良いと言うカップルはいますね。

 

法では守られていないけど、心配のないように考えてくれる相手だったら事実婚でも幸せです。

 

ほぼ一緒のお墓に入れないけど、生きている時に幸せな生活を遅れればそれで良いと言うカップルもいます。

 

事情があって夫婦にはなれないけど、幸せなら籍を入れなくてもそんなことは関係ないということですね。

 

後半の人生だから50代は籍にはこだわらないと言う考えの人もいれば、後半だからこそきちっとした夫婦の形で法的に守られていたいと言う女性と様々です。

広告

関連ページ

50歳からの生き方を考える女性編
50歳からの生き方女性編。 人生の終わりの時に自分の人生はまぁまぁだったと思えそうですか? 50歳からの書生の生き方は結婚している場合と独身の場合、焦点もかなり違って来ます。 50歳からの後悔のない女性の生き方はどんなことなのでしょうか?
50代独身女性の生きがいとは?
50代独身女性で生きがいがないと悩んでいる人も多いようです。 それには今の収入に余裕があるかどうかと言う事も多少なりとも関係しています。 余裕がないと生きがいも持てない? お金がかかる生きがいばかりではないんですよ。 そんなヒントを綴っています。
50代アラフィフ女性の悩み(病気、住まい、お金)
50代アラフィフ女性の病気、住まい、お金に対する悩みを体験談として綴って見ました。 50代は癌の罹患も増えるころです。 この体験談を話してくれた女性も乳がんです。 50代と言う年齢は特に病気の悩みも増えてくる頃です。 住まいは持ち家の方が将来は楽ですが、支払いを考えると同じくらいになるそうですね。 お金は貯金がゼロの人もいますし、かなり書均している人もいます。
50代で離婚後の幸せな人生を送るために
50代で熟年離婚を考えている女性はきっと少なくありません。この年齢までじっと我慢していたからここで熟年離婚してやる!50代で離婚後に幸せな人生が送れるかどうか慎重に作戦を練っておかないと熟年離婚で後悔することも!
50代でモテる女性はこんな理由があるから
50代になっても異性にモテる女性はいますよね。なぜモテるのか理由を知りたくないですか?それは外見的なこと、内面的なこと等総合したものが男性からみたら魅力的に映るのです。50代でもまだまだあきらめてはいけないのです。私は魅力的と暗示をかけると言うのも良いですよ。
50代に多い結婚してても孤独を感じる女性
50代女性は結婚してても孤独を感じると言う人が多いのです。それぞれの環境にもよりますが、子供たちは独立して夫婦の会話が今まで以上に減ってしまっていると、家族と言う絆も見えてこなくなります。結婚していても孤独感を感じないでいるにはどうしたら良いでしょうか?
50代独身女性の素敵な生き方とは?
50代女性の素敵な生き方をご紹介しています。素敵に生きると言う事は自分の心次第ですね。仕事に生きがいを見つけたり、趣味で楽しんだり。お金をかけ無くても50代独身女性は素敵な生き方をしている人が多いですね。何かにチャレンジしようと言うのもキラキラして見えます。素敵な女性の生き方をこの記事ではご紹介しています。
魅力的な50代女性になる秘訣、保存版
魅力的な50代女性になる秘訣とは?環境次第で、自然と魅力的な50代でいる女性もいますね。そんな女性も気を付けていることがあります。服も靴も大事です。でも、もっと大事なものがあります。そこをいつも気にかけていればこっちのものですね。
子供のいない50代独身女性の生きがいとは?
50代独身女性で子供がいない人の生きがいについて考えていきます。子供がいない場合でも人それそれ生きがいは様々。今よりも老後はもっと孤独で寂しくなりがちです。そうならない為に、何でも良いので今から生きがいを見つけることが大切です。
50代女性の一人暮らしのメリットとデメリットは?
50代女性のひとり暮らしのメリットとデメリットはどんなものがあるのでしょうか?ある50代女性のひとり暮らしの体験を綴っています。一人暮らしをしている女性は是非参考にしてくださいね。自由だけど、大変な部分も多い50代のひとり暮らしの女性の体験とは?
50代独身女性が老後資金を作るコツとは?
50代独身女性はそう遠くない老後のことも心配ですよね。老後資金は心配のない人ばかりではありません。確実に働いている今よりも収入は少なくなります。そのためには何か工夫をして老後資金を貯めておきたいですよね。50代独身女性が老後資金を作るコツ知りたくないですか?
50代歳を取るのが怖い、どうしたら良いの?
歳を取るのが怖いと思っている若い男女もいますが、切実に歳を取るのが怖いと感じるようになるのは人生半分以上生きてきた50代ですよね。女性は等に顔の衰えがきになってきます。60代も目の前になり、健康面でも心配になるので、歳を取るのは怖くなるのはもしかしたら当たり前なのかもしれません。歳をとっても健康でい続けるためには?
50代女性が寂しいと思う時!友達もいない女性の悩み
50代独身女性で友だちがいないと言う悩みを持っている人が非常に多いのです。既婚者でも友達がいなくて寂しいと思っている人も少なくはないのですが、やはり既婚者と独身者とは環境も違いますね。友達を作るなら、同じ環境、同じような収入、金銭感覚も同じような人をこれから友達をして選んでいけると良いです。ヒントを書きましたので、参考にしてくださいね。
50代独身女性の住まい、賃貸に住むかマンション購入どっちがお得?
50代独身女性がマンションや家を購入するのを考えた時、賃貸に住み続けたほうが良いのか迷いますよね。それぞれのメリットデメリットがあります。不動産を買える資金はあってもあえて賃貸で住み続けるおひとり様やファミリーもいます。その人にあった住まいは?そのあたりのヒントなどにも触れています。
50代の終活は何から始めたら良いの?エンディングノートは必要?
50歳からの後悔のない生き方とは?気になるのが熟年世代に入った体の悩み、お金の悩み、住まいの悩み等など。人それぞれの生き方がありますが、後悔をしないで50代が生き抜くにはどうしたら良いでしょうか?
50代主婦の断捨離総ざらい!終活に向けて物を減らすメリットとは?
50代主婦の断捨離は今熱い!エンデイングノートを書いたり、終活に向けて断捨離をしている50代女性がとても多いとのことです。断捨離により物を減らすメリットはたくさんあります。どこから断捨離を指定以下わからない方、この記事をぜひ参考にしてくださいね。
アラフィフ独身女性一人暮らし~節約できる方法がここにある!
アラフィフ独身女性一人暮らし~節約できる方法があるなら知りたいですよね。どうしたも固定費はかかってしまいます。その固定費も押さえることは出来ますし、ただでレストランに行ったり、化粧品や健康食品のモニターで得する方法をご存知ですか?