50代で卒コン!離婚しない選択

50代で卒婚!離婚しない選択

50代60代で増えてきている卒婚

 

日本語的にかっこよく聞こえますが、形は別居と同じですね。

 

ただ卒婚は別居と違って、お互いの自由を尊重することを前に持っていく意味合いが強いです。

 

別居の場合は、お互いが仲が悪くて一緒に住みたくない、顔も見たくないと言う気持ちがあります。

 

でも離婚するには色々な問題もあるので、取りあえず籍は抜かなけない。

 

離婚と言う選択をしない50代の卒婚のメリットやデメリットとは?

 

50代の卒婚、うまくいくには?

 

離婚する事は決まっているけど、色々話が終わるまでは別居している場合は卒婚とは言い難いですね。

 

離婚前提の別居と、離婚はする予定のない卒婚は違います。

 

50代で卒婚うまくいくかどうかはお互いを思う気持ちが大きい。

 

それがなきゃ、愛情を持って卒婚できないですね。

 

普通の別居と微妙に違う卒婚。

 

今までありがとう、これからは自分の思うように自由に生活してねと言う思いが夫側にはあるのです。

 

 

お金の面で苦労がなければ、夫よりも妻のほうが卒婚のメリットはありそうですね。


 

夫は今まで家事を任せきりだった妻がいなくなったことで、不自由を感じているかもしれません。

 

それでも自由にしてあげたい気持ちがあり、妻への生活費をかかさず渡しているような夫は素晴らしいですね。

 

50代で離婚をしない選択、卒婚のメリットとは?

 

離婚しなければ、妻として法的にも守られています。

 

その上、卒婚すれば夫の面倒を見ないで良いので楽ちん。

 

愛情がなくなったわけではない卒婚なら、生活費も夫が援助してくれる場合が多いですね。

 

結婚している以上夫は妻を養わなくてはならないので、ここで生活費が滞ってしまったら卒婚もザ・エンド!

 

離婚へ進む方向になりそうです。

 

卒婚は相手の自由を尊重し、夫婦での機能は続いていることが多いのです。

 

週末にだけ夫婦としての時間を過ごす人もいます。

 

なぜ一緒に住んでないんだろうと、ご近所からの噂にもなるかもしれませんが
「事情があって離れて暮らしているけど週末だけ会っているんですよ」と適当に言えますね。

 

夫婦なので、もしもの場合は遺族年金がスムーズに出ます。

 

一番卒婚して良かったと思われるのは

 

  • 離れて暮らして初めて夫の良さに気がついた!
  • お互いが離れていることで、夫婦のことを再認識できた。
  • 離婚しなくてよかった!

 

普段は一緒に暮らしてないけど、会った時は恋人のように時間を過ごすことが出来るようになった。

 

お互いを思う気持ちに新鮮な気持ちが強くなった。

 

そんな卒婚のメリットもあります。

 

卒婚のデメリットとは?

 

生活が二人別々なので、住まいから光熱費などあらゆる住まいのことが二人分になります。

 

卒婚のデメリットは浮気してても、真相をつかむことが難しい。

 

もしも浮気相手との結婚話しに進行してきたら、認めざるを得なくなってくる懸念もあります。

 

卒婚と言えども、別居状態が長く続いているということで夫婦間の破綻として見られてしまいます。

 

その場合はいくら離婚したくなくても、裁判をしたら負けてしまう可能性が強いのです。

 

離婚も認めて、慰謝料も発生しなくなってしまうことも!

 

 

まだ夫婦として愛が強いものだったら、卒婚せずに一緒にずっと住んだほうが良いかも♡


 

卒婚をする夫婦のきっかけは?

 

卒婚をする夫婦の理由やきっかけはどんなものなのでしょうか?

 

60歳で定年になった時に、妻側が日中ゴロゴロとしてる夫を見るくらいならと卒婚を望む妻が増えています。

 

そこで妻が卒婚の提案をするのですが、家庭内別居は良いとしても本気で離れて暮らすとすると?

 

夫婦仲が良くないほど
「勝手にしろ。別居するなら生活費は渡さない!」と。

 

離婚したいけど、生活に不安があって別れることが出来ない妻。

 

離婚するにも別居、卒婚するにも指導権を握るのは夫なんですよね。

 

50代の卒婚は、夫が定年退職を迎えるその時まで少しずつ話し合いなどの準備することもありです。

 

うまくいく50代の卒婚

 

清水アキラや加山雄三も芸能人では卒婚をしている夫婦ですが、うまくいくには条件もありそうです。

 

夫が生活費を送ってくれることがない限り、

女性が金銭的に自立していない場合は、お金がないと卒婚は難しい。

 

住まいを別にする別居も難しいですね。

 

家庭内別居で、夫がキチンと生活費をいれているのならば不安もそこまではなさそうです。

 

何にしてもお金は大事。

 

生活費を支えてくれない夫なら卒婚も別居もなく、離婚したほうが良いとさえ思いますよね。

 

でもある女性は70代で離婚する理由は十分にあるのに、離婚をしません。

 

 

卒婚だなんてカッコよいものではありません。

 

あまりにも亭主関白で軽いDV、今まで夫がどのくらいの収入があったのか全く把握できない・・・

 

ボーナスもすべて夫が管理。

 

給料明細も見せてくれいないまま70代を迎えてしまった・・・

 

そこで、もうこれ以上夫の世話をしたくないと思ったのです。

 

70代になっても毎日毎日「オレ様は偉いんだ!」

 

と言わんばかりの威張った夫には、もう愛情はないといいます。

 

でも今さら離婚してもメリットもデメリットもない。

 

だから別居をしてます。

 

生活費はもちろん一銭も出してくれない夫。

 

そんな夫とよくもまぁ50年近一緒にいたわといいます。

 

その女性は年金では足りず、子供たちに母親の経済的面倒をみてもらっています。

 

こんな別居もあるんですよね。

 

籍は抜かず、夫婦のままでも幸せを感じる人と、そうじゃない人。

 

心地よい夫婦の形の卒婚があれば、顔も見たくない夫との別居もあるんですよね。

 

50代で卒婚して幸せな人生を過ごすには、夫の性格と理解二人の思いが一緒になったときですね。

人気記事

↓↓

50代独身が老後資金を作るコツとは?

広告

関連ページ

50代で離婚をしたら幸せになるのか!生計はどうなる?
50代女性で夫との離婚をずっと考えている人もいます。お金を貯めたり、仕事をしたり離婚後の生活設計を考えて、晴れて離婚できるよう計画を立てている女性。でも離婚して幸せになれるのかと不安な面もあるようです。離婚後の生計の心配なども抱えながら離婚を考えている50代女性へ。
50代離婚準備したいけどお金も仕事もない!
50代離婚準備をしようと思っている女性は多いようです。これからの仕事先や、離婚するまでのお金を貯める期間を経てめでたく離婚!そこで幸せになる人ばかりではないのです。離婚して後悔している女性もいます。離婚するほどの理由があるのか、別れたあと仕事はあるのかなどを考えた上で結論を出したほうが良いですね。ただDVなどはすぐに離婚の準備をする必要がありそうです。
50代未亡人女性の生き方!再婚する人しない人
50代未亡人女性の生き方とは?再婚する人しない人がいるとしたら何が違うのでしょうか?やはり夫が亡くなった時点でお金があるかどうか生活していけるかどうかで妻の精神状態もかなり違います。再婚する未亡人としない未亡人のメリットとデメリットとは?