50代の二重まぶたのプチ整形!

50代の二重まぶたのプチ整形!目を二重にしたい

50代で気軽にプチ整形をしている人がずいぶん増えてきました。

 

しわ取りのためのヒアルロン酸やボトックス注射も普通の主婦がやる時代になったのです。

 

もちろんお金もかかりますし、整形反対派もいますね。

 

今の50代女性はずいぶん美容に敏感です。

 

綺麗でいたいと言う気持ちを持っている人が非常に多いですね。

 

特にここのところ二重まぶたのプチ整形をする人が目立ってきました。

 

二重まぶたのプチ整形のやり方各種や金額等について触れていきます。

 

.50代で二重まぶたのプチ整形をするには?

 

目元は人間のパーツの中でもよく見られる部位なので、二重になるだけでもがらりと印象が変わります。

 

50代では緩んできた目元が気になる人もいるかと思います。

 

二重まぶたのプチ整形をすることでぱっちりとした目元になり、若々しい印象を持つことができます。

 

 

プチ整形でぱっちりとした二重になりたい50代女性は増えていますよ。


 

二重まぶたになる整形方法は埋没法、部分切開法、全切開法があります。

 

◆美容目的以外でも眼瞼下垂の際は受診、必要であれば手術をすることがあります。

 

眼瞼下垂とはまぶたが垂れ下がって視界が見えにくい症状を指します。

 

眼瞼下垂であると視界を確保しようとしてしまい、物を見下ろしてしまう癖がついてしまったり、頭痛や肩こりの原因にもなり得ます。

 

重症であると瞳孔の下半分までまぶたがかかってしまいます。

 

眼瞼下垂は加齢やハードコンタクトレンズの着用、先天性、白内障などの手術などが原因とされています。

 

眼瞼下垂は医師の診断により保険適用がききます。

 

二重まぶた手術の種類

 

二重まぶたの手術方法は埋没法、部分切開法、全切開法があります。

 

埋没法は皮膚を糸で結ぶ方法です。

 

切らない二重まぶたの整形方法として有名ですが、糸を皮膚に通す時に多少の切開をします。

 

目を閉じた時にわからないようにしたいという方におすすめです。

 

糸は1点留め、2点留め…とありますが1点留めは二重がきっちりできない場合もありますので2点留め以上を推奨します。

 

また埋没法は二重が保てる期間は2~3年とされていますが、再手術も可能です。

 

切開法はまぶたを切開するので半永久的に二重が保てます。

 

腫れや痛みは2~3週間続いてしまいますが、厚ぼったいまぶたで埋没法が難しい人や半永久的に二重を保ちたい人にはおすすめです。

 

切開の跡は2~3か月すると赤みが落ち着くので通常のメイクで隠せる程度になるそうです。

 

目元のプチ整形として目頭切開も人気ですね。

 

目頭切開も様々な術式がありますが、その中でもZ法という方法をする人が多いようです。

 

Z法は蒙古ひだを切開し、目頭を広げる方法で傷跡が目立ちにくく、回復が早いのが特徴です。

 

大きめに目頭を切開して縫合することで西洋人のようなぱっちりとした大きな目元になれるのも人気のひとつですね。

 

二重まぶたのプチ整形で失敗はしない?

 

 

◆埋没法の場合

 

糸の留める数などによって「二重ができなかった」

 

「まぶたの裏側に糸が露出してしまう」という失敗談もあるようです。

 

埋没法は切開するわけではないので失敗するリスクが大きいのではないかという心配があるかもしれません。

 

やはり病院や医者の腕の選び方によって変わってくるようです。

 

◆切開法の場合

 

「腫れががなかなか収まらない」

 

「皮膚の切除をしすぎてまぶたが閉じない」

 

傷跡が目立つ」などの声もあるようです。

 

全体的に「理想通りの二重にならない」

 

左右非対称」などの悩みもあるようです。

 

整形と言えど、完璧に自分の理想通りのデザインになるというのは難しいのかもしれません。

 

カウンセリングをしっかりとして、医者の判断と本人の要望をすり合わせていくことが大事ですね。

 

二重まぶたのプチ整形の手術はいくら?

 

 

二重まぶたのプチ整形の値段

 

埋没法は5万円前後

 

切開法だと25万円前後が平均的なようです。

 

また切開法はどのくらい切開しても値段は変わらないという病院が多いようです。

 

埋没法は2点留めで安くて1万円強の病院も多々あります。

 

眼瞼下垂手術は保険適用だと5万円前後、保険適用外で25万円前後だそうです。

 

日常生活に支障が出てしまう程度の眼瞼下垂だと保険適用ができますので気になる方は診察をしてみましょう。

 

目頭切開は20~30万円が相場なようです。

 

目頭切開は難しい手術なようで、あまり安い料金設定をしている病院での手術はあまりおすすめできません。

 

 

プチ整形でも値段が比較的高い理由としては麻酔が2~5万円程度するため比較的どれも高額になっているそうです。


 

やはり値段が相場程度の方が成功率も高いようです。

 

切開などのレベルの高い整形をする場合は料金設定が相場程度のところを選んだ方が安心ですね。

 

また費用として気になるのは手術の値段だけではないかもしれませんね。

 

美容整形は豊胸手術や脂肪吸引などの大きな手術でも入院することはないようです。

 

骨を削ったりする場合は入院することがあるようですが、これも2~3泊の短期間なようです。

 

体に負担をかけない麻酔・手術を行うため入院は必要ないとされているようです。

 

そのため通院費用と手術費用程度しかかからないようです。

 

昔に比べたら、カジュアルに美容整形が出来る時代になりましたね。

 

50代女性も二重まぶたのプチ整形をして目を二重にしている人も増えてきているそうです。

広告

関連ページ

50代女性の悩み・顔脱毛は家で出来るの?
50代の女性は身体はいいから、顔の脱毛をしたいと思っている人もチラホラいます。顔の脱毛をしたい理由は様々ですが、顔全体、特に鼻の下あたりの毛が気になってしょうがないと言う女性が多いようです。自分でお気軽に顔脱毛は出来るのでしょうか?それよりも、モニターでアンケートを書いて無料でエステしちゃう?
50代で悩む肌荒れの原因は?
50代で肌荒れの悩みがあると言う場合は、どんな対策をしたら良いでしょうか?まず、肌荒れになる原因を追究するところからですね。冬は乾燥しているので、1年を通じて肌荒れしやすいと言われています。洗顔方法が間違っていたり、毛穴の中のつまりも肌荒れの原因になります。毛穴の汚れは50代くらいになると、若い頃から比べたら、メンテナンスをしていなければかなり皮脂やほこりなどで詰まっています。まずは毛穴のつまりから綺麗にしていくことが肌荒れの改善になります。
50代になってからのニキビの改善方法は?
50代になってからのまさかのニキビに悩む女性もいます。50代でニキビになった原因は加齢で女性ホルモンが減ったことと、今までの蓄積で毛穴のつまりが原因だったりします。その他便秘が原因のことも!50代のニキビ改善法は原因をまずは知ってからですね。
50代の口紅の選び方、おすすめのリップは唇とお財布に優しく
50代女性の口紅の選び方の基本は?顔全体のくすみまでカバーできるようなものを選ぶと良いですね。また50代女性の唇の悩みである乾燥と縦じわもカバー出来て、潤い力のある口紅をリーズナブルな価格で買えるアテニアプライムルージュをオススメします。
50代女性の加齢臭対策におすすめ食べ物飲み物とクリアネオで簡単臭い消し
50代女性の加齢臭対策におすすめ食べ物飲み物とは?加齢のせいか臭いが気になる50代女性。加齢臭やワキガ、デリケートゾーンの簡単臭い消しに噂のクリアネオがおすすめ。