50代女性が仕事につながる資格 ホームヘルパー

50代女性が仕事につながる資格を取るならホームヘルパーがおすすめ

 

50代女性が仕事につながる資格を取るならどんなものがあるのでしょうか?

 

年齢的にムリのない仕事、そしてやめないでこの先もずっと定年まで働けることがポイントになります。

 

資格を取ることは出来ても、就職先がないのでは宝の持ち腐れですよね。

 

そこで今、50代に注目されている仕事があります。

 

今、訪問介護のヘルパー不足が叫ばれていますよね。

 

50代で介護職の資格を取ったら施設でも訪問介護でも、ほぼどこの施設や訪問介護事業所でも働くことができます。

 

 

介護の仕事はやれ大変だ、賃金が安いなどと言われてますが、実のところの賃金や待遇が気になるところですよね。

 

 

50代で介護職員初任者(旧ホームヘルパー)の資格を取って働くことについて色々と調査しました。

 

50代女性が仕事につながる資格を取るならホームヘルパーがオススメ理由

 

今は、ホームヘルパーという資格はなくなり、介護職員初任者研修という研修を修了すれば、介護職員初任者研修修了者という資格をもらえます。

 

50代になると、再就職するのは難しくなります。だからこそ50代女性にあった仕事を選ぶことが大事!

 

 

パート勤務か自分の開いている時間だけ働きたいと言う人にとって、ホームヘルパーの仕事は最適です。ほームヘルパーの年齢層は50代、60代でもバリバリと働いている人が沢山います。

 

 

施設職員として働く場合は、パートは日勤のみとか夜勤のみという働き方か両方のシフトを組んだ働き方です。ただ、入浴介助はその時間帯だけ募集している場合があります。

 

 

訪問介護の場合、正職員と登録職員に分かれていて、登録職員は自分の開いている曜日と時間を申告しておくと、その曜日と時間に合わせた仕事が入ってきます。

 

 

 

高齢者にとって、50代、60代の人の方が気を許せて気持ちがわかってくれると言われる人が多く、50代の人にとって長く働けて人に喜んでもらえるやりがいのある仕事です。


 

 

50代女性がホームヘルパーになれるのか、勤務の大変さや年齢制限は?

 

 

50代女性が介護の仕事に就くには、ある程度健康な身体が必要です。

 

 

50代はまだまだ働き盛りですが、介護の仕事は体力がないと続かない仕事です。

 

 

特に、施設の場合、朝から食事介助、トイレ誘導、おむつ交換、入浴介助、その間に部屋の掃除、ボランティアの受け入れなど次々と休む暇なく仕事があります。

 

 

体はきついですが、50代は人生経験があり、高齢者の仕事をするには50代は一番いい年齢です。

 

 

訪問介護の場合、50代、60代、時には70代の女性も働いています。

 

 

おむつ交換、入浴介助などの仕事もありますが、デイサービスの送迎の準備や掃除、食事作りなどの仕事が多いです。2025年には高齢者が増えて、介護職員が今の1.5倍必要だと言われています。

 

 

50代女性が介護職員初任者研修の資格を取ってホームヘルパーとして働くことはメリットが多いのです。

 

 

ホームヘルパーの待遇や賃金、勤務内容が知りたい!

 

介護職員初任者(ホームヘルパー)の資格を取って働くとしたら気になるのが、待遇や賃金、そして勤務内容ですね!

 

ホームヘルパーの待遇や賃金

 

介護職員は待遇が悪いと言われていましたが、随分待遇が良くなってきました。

 

 

たとえば、介護職員の負担を減らすためのタブレットなどのICTの活用で、介護日誌をつける手間が減り残業が減りました。

 

 

ホームヘルパーを3年続ければ、介護福祉士の資格を取ることができます。

 

 

介護福祉士をとると資格手当や時給が上がります。近年は政府の施策として、介護職員の処遇改善がなされ、賃金が少しずつ上がってきています。

 

介護職員初任者研修修了者(ホームヘルパー)のパートの時給

 

施設の場合のパートの時給は、介護職員初任者研修修了者の場合は750円~1,000円で、介護福祉士より低いです。ただ、夜勤に入ると、夜勤手当がつくので1日8,000円~10,000円くらいになります。

 

 

訪問介護の場合は、身体介護で1時間1,400円~1,800円、生活援助で1,200円~1,600円で、比較的高いです。その上、移動費が付くようになったので、その家まで移動する時間もつくようになっています。

 

 

介護職員初任者研修修了者(ホームヘルパー)正社員の月収

 

正社員として雇われた場合は、手当てがつき、年数により給料がアップします。月収で15万円~23万円くらいです。

 

 

夜勤に入る回数が多いと給料も多くなります。厚生労働省の平成27年賃金構造基本統計調査によると、平均年収が45,3歳で304万円となっています。規模が大きい事業所に勤めるホームヘルパーの方が、年収が多くなっています。

 

 

50~54歳の平均年収は男性が292万円、女性が313万円、55歳~59歳の平均年収は男性が331万円、女性が301万円となっています。

 

介護職員初任者研修修了者(ホームヘルパー)の勤務内容

 

 

ホームヘルパーの介護保険内の仕事は、身体介護と生活援助に分かれています。これは、介護保険内で決められている職務内容です。


 

身体介護

 

食事介助・入浴介助・排泄介助(トイレ介助、おむつ交換)整容(洗顔や歯磨き)・外出介助・移動介助・起床・就寝介助・服薬介助等

 

生活援助

 

掃除・洗濯・調理・買い物・ベッドメイキング・衣類の整理・薬の受取・生活の相談・助言

 

 

これ以外に、介護保険外の仕事もはいっています。介護保険外の仕事は、上記以外の仕事が入ってきます。

 

 

訪問介護なら、掃除でも大掃除にあたる部分の窓ふきや外の草取り、墓参りの外出介助、病院の付き添い、犬の散歩などをおこなっています。介護保険は1割負担で済みますが、保険外は実費負担なので、負担が重くなります。

 

介護職の働く場所

 

訪問介護事業所・デイサービス・デイケア・老人保健施設・特別養護老人施設・グループホーム・小規模多機能型居宅介護・有料老人ホームなど働くところはたくさんあります。

 

まとめ

 

介護の現場は人手不足で働く人を求めています。

 

50代で、新たに働こうとしても一般企業では難しいです。50代から働くなら、ホームヘルパーの仕事は体力があれば、長く働くことができるとてもいい仕事です。

 

介護職員初任者研修は、比較的、短期間で取れる資格です。ホームヘルパーとして働くなら、この資格を取っておくと資格のない人より給料が高いです。

 

50代女性が仕事につながる資格を取るなら断然介護職員初任者研修修了者(ホームヘルパー)がおすすめ!

 

数年前よりも待遇も良くなってきたと言われている介護職にトライしてみませんか?

 

なんと、0円で介護の資格が取れる!人気のサイト

↓↓↓

無資格・未経験からのキャリアアップなら⇒⇒介護専門求人サイトかいご畑

広告

関連ページ

50代女性の平均年収と貯金
50代の貯金はどのくらいなのか気になりますよね。 50代と言ったらまだ体力はあります。 今のうちに仕事も頑張って老後のために貯蓄をしていたいですよね。 平均の年収や貯蓄は人により様々です。 どこが違うのかと言うと、転職をしたかどうかでだいぶお金の面では違ってきます。 これからは健康面に気遣って医療費にあまりかからないように出来たら良いですね。
50代女性の仕事はどんなものがあるの?と仕事探しは容易ではないのか。
50代女性の仕事探しは容易ではありません。 よっぽどスキルや経験がないと仕事を探すのに苦労をします。 どんな仕事でも良いと言うのでしたら年齢的に清楚いやスーパーのレジや品出しがあります。 専門職に就きたい場合は何か資格をとったら良いかもしれません。 国家資格と民間資格と言う資格があります。 自分はどっちにやりたいことがあるのかと見極めて資格をとって再就職に臨むと良いですね。
50代女性の転職と起業することについて!絶対成功したい。
50代の女性は転職するのに不利だと言われています。 でも50だいだからこそ働いてほしい企業もあります。 色々とアンテナを張っておけば必ず自分に合った職種に就けるのではないかと思います。 清掃、スーパーレジなどが50代以降中高年に向いていると言われている昨今ですが資格を取ったり自分に合った仕事をあきらめずにやっていけたら良いと思います。 50代女性の企業は今まで培ってきた職種をそのまま独立と言う形で起業するのが一番早道で成功するパターンだと言われていますが、他にも50代女性ならではの職種もあるのかもしれませんね。
50代女性仕事がない!年齢的に求人もないの?
50代の女性は仕事がない? 求人も年齢的な事からあまりないの? そんなイメージを持っている方も多いと思います。 実際にはs求人広告をみてみると50代以降中高年女性希望と言う会社はけっこうあります。 ただ、若い頃のように同じような職種に就くと言う事は難しい場合もあります。 50代女性に求人はもちろんありますが、自分のやりたいこととマッチしているかどうかが重要になってきますね。
50代で仕事につながる資格を取得したい
50でも資格を取って仕事をしたいと思っている人はいます。 どうせ仕事をするのなら資格を取ってスキルを付けてからの方が収入面でも、資格があると言うことで長く働けると言う点でも利点ですから。 どんな資格が50代にはおすすめなのかと言うことに触れています。
50代のハローワーク!仕事は見つかるのか?
50代の職探しの一つがハローワークで探すこと。行くまでが躊躇している人も多いそうです。50代になって仕事をはr-ワークで探している人なんているのかしらと。ハローワークは、担当の人が企業に直接電話をしてくれて、面接日まで決まるので仕事を探すにはハローワークは是非活用すべきですね。
50代女性が初めて銀行系のキャッシングをする時
50代女性が初めてお金を借りる時はどこで借りて良いか不安ですよね。銀行系のカードローンだったら消費者金融よりも安心感はあります。30日で返せる範囲であれば、無利息で借りられるところを選ぶと良いですね。50代女性は様々な理由でキャッシングをすると言います。人により借りる内容は違います。出来ればすぐにおろせるお金を普通預金に入れておくと安心です。
50代一人暮らし女性の仕事について思うこととは?
50代一人暮らし女性で誰にも頼らずに仕事を一生懸命こなしている女性は結構いるものです。みんなどうやって今の仕事につくことが出来たのか気になるところです。今回は50代女性がワードもエクセルも出来ない40代で再就職をしたときのお話しも含めながら書き綴っています。
50代女性のコンビニバイトは大変?仕事内容や待遇とは
50代野女性の就職って簡単ではないですよね。50代女性のアルバイトとしてコンビニが人気があります。レジを売ってお客さんに商品を渡すだけのイメージがありますが、それ以外にもたくさん仕事があります。機敏に間違えないように仕事をしていく女性をお店側では欲しいのです。50代女性には落ち着きも会ってぴったりですよね。待遇雨も悪くありません。時間帯によって時給1,000円以上のところもあります。
50代でもアロマセラピストになれるの?自宅開業で稼げるのか検証!
50代でもアロマセラピストになれるのかどうか、60代、70代でもアロマスクールで勉強している女性はいますよ。その後は自宅開業を目標に頑張っている女性がけっこういます。自宅でアロマセラピストとして開業した場合、稼げるのか気になりますよね。
50代お金に苦しまないために!老後資金を今から貯めるには?
50代女性がお金に苦しまないようにするには?老後破産にならないために今から準備しておくことはひとつ。断捨離&ミニマリスト思考になることです。また思わぬ出費になっても慌てないように多少のすぐに現金をおろせるくらい貯金を貯めておくことも大事です。50代は老後破産にならないためのお金を貯められる最後のチャンスかもしれません。
50代女性今から資格をとって正社員として働くにはどうしたら良い?
50代女性が今から資格をとって、正社員として働けるのか、就職口があるのか!そんな思いの女性もきっと多いはずです。昔の50代と今の50代はだいぶ違うので、若さもあり勉強熱心です。ただせっかく資格をとっても就職が出来ない、正社員になれないとなるとせっかくの資格取得が無駄になりますね。50代女性の仕事をいくつか載せてみましたので参考にしてください。
50代女性の転職!うまくいく方法はあるの?
50代女性の転職はうまくいく方法はあるのかどうか?90%が難しいでしょうね。今の会社にいるのもあともう少しってところなら、神経をすり減らして転職するのは危険です。うまくいかなかったらそこからはパートとアルバイトのつなぎになることだってあります。
アラフィフ女性がタクシードライバーになれる?給料や待遇は?
アラフィフ女性がタクシードライバーになりたい!簡単にタクシードライバーになれるのでしょうか?最近は女性が働きやすい環境のタクシー会社も増えているようです。年収や待遇は?働き方も気になりますよね。はたして50代の女性がタクシードライバーとして稼ぐことが出来るのでしょうか?
50代女性仕事がない?!ファミレスやマックで働ける?仕事内容や賃金を調査
50代女性仕事がない?!そう思っているのは実はもったいないのです。今の時代50代女性を雇いたいと思っている仕事先はたくさんあります。たとえばファミレスやマックで働けるかどうか、また仕事内容や賃金を調査しました。