50代女性の髪の老化や毛穴の老化を止める方法

50代女性の髪の老化や毛穴の老化を止める方法

50代 髪,50代 老化,50代 白髪

 

50代の髪の毛の老化は止められないのでしょうか?

 

いつの頃からか自分の髪質が老化した感がわかるのです。

 

白髪もだんだんと多くなり、髪の量は薄くなって行く・・・

 

私の場合は突然、あれ~?こんなんなってた?と驚きでした。

 

前髪の量が50代になると、かなり減ってきてる女性が多いですね。

 

髪の老化とはひとつは薄毛、ハゲ。

 

地肌の老化と言っても良いかもしれませんね。

 

それと、つやがあった髪の毛の一本一本がカサカサきしんでいるのです。

 

良いシャンプー使っているはずなんだけど・・・

 

昔は一つに結ぶとかなりの量だったのがこれっぽっちしかなくなった!

 

これには自分も驚いています。

 

毛穴を丈夫な状態にしておくと髪の毛自体も良いものが生えてきます。

 

だから、地肌、毛穴も大事に!

 

地肌、毛穴を健康に保つには?

 

50代に人気のシャンプー!

 

輝き続ける大人の髪に♡

 

 

炭酸が良い!

 

炭酸スパをやっている美容院があったら試してみてください。

 

〇ヘッドスパ毛穴の汚れを落とすコース!

 

ヘッドスパでもいくつかありますが、毛穴を綺麗にするデトックス系のヘッドスパをおススメします。

 

リラクゼーションの要素が高いスパは・・・

 

タイが発祥の地のクリームスパ

 

髪の毛に潤いを与える&肩こり等を解消する系のヘッドスパです。

 

〇アロマリラクゼーションスパは毛穴の汚れはそこまで追求しなくて香りと施術のリラクゼーションスパになります。

 

このように毛穴の汚れを重視したヘッドスパに定期的にいくと良いですね!

 

自分で出来る毛穴の老化予防

 

 

〇毛穴を硬くしない

 

毛穴が硬くなってしまう原因とは・・・

 

ストレス 食生活 肩こり

 

〇マッサージをする

 

髪の毛を育てる細胞が活性化します。

 

マッサージをして血液循環を良くすること。

 

卵を食べる!

 

髪の毛にはワカメが良いというイメージがありますが、少なすぎなので髪まで回らない。

 

そんなにワカメは大量に食べられませんよね。

 

ミネラルもたくさん摂った方が良いですが、身体に吸収してしまってそれだけでは足りない、残念・・・

 

地肌が赤くなる原因と改善法

 

 

睡眠不足やストレスで頭皮が赤い人がいます。

 

これらを解消すると赤みは消えていきます。

 

頭皮が良いと言う事は肌の状態も良いと言う事です。

 

肌と毛穴、頭皮の健康はこの3つ。

 

1.睡眠不足、ストレスの除去。

 

2.肩が凝ると毛穴が硬くなるので血行を良くしておくこと。

 

マッサージをやってもらったり、炭酸入浴剤を入れて身体も柔らかく。

 

3,毛穴系デトックススパを時々やって見る

 

〇マッサージをすることによって顔のくすみも目立たなくなり、リフトアップ効果があります。

 

おでこ、こめかみ、耳下腺あたりをくりくりとマッサージ。

 

むくみや凝りも解消していきますね。

 

リラクゼーション系のマッサージも疲労感やストレス解消になり、細胞が生き生きとして行きます。

 

〇シャンプーの泡でマッサージしてもとっても良いのです。

 

顔のたるみや髪の毛の抜け毛予防に頭皮のマッサージはおススメです。

 

50代女性の髪の老化や毛穴の老化を止める方法でした!

 

白髪染めも良いカラートリートメントを使用すれば髪質を改善します。

50代若見えロングヘア参考記事⇒
50代ロングヘアは若くみえるのか、そろそろやめ時なのか?
50代白髪染めの記事⇒
・50代の白髪染めはどんなのを使っているの?

広告

関連ページ

50代白髪染めのダメージや染める間隔、白髪率について
50代になったら気になる髪質、髪型。 まずは50代の白髪率はどうなのでしょうか? 大体50代になるとかなりの白髪人口です。 染め方はどうでしょうか。 美容院に行く人、最近はやりのカラートリートメントで白髪染めをする人。 白髪染めの間隔も気になります。
50代ロングヘアは若く見えるのかそろそろやめた方がよいのか?
50代になったらロングヘアはやめた方が良いのか?50代になると白髪染めは必須になってきたりします。 毛染めによって髪質はよっぽどじゃない限り悪くなってきます。 メンテナンスをしたり生まれつい髪の質が良かったりする女性はいつまでたっても髪の毛は綺麗ですね。 そんな女性だったらロングヘアもやり続けて良いのではないでしょうか? 50代でロングヘアを続けたい場合は髪の毛のメンテナンス次第でOKですね。
50代の髪質は悪くなるばかり?細くなる人剛毛になる人ちりちりで悩む人
50代になると髪質は悪くなるばかり。 細くなったりちりちりになったり、剛毛で悩む人も少なくありません。 やはり若い頃とは違って髪質も変わってくるのです。 そんな時はどうしましょう。 簡単なのがシャンプーを今までのと変える。 アミノ酸系のシャンプーが良いとされています。 潤いが出て髪の毛を乾燥から守ります。 頭皮のマッサージも髪の毛を良くする一つです。 メンテナンス次第で50代の髪質も綺麗でいられますね。
50代女性若く見えるのは髪質と髪型にあり!髪のアンチエイジング
50代の女性の髪型と髪質次第で10歳くらい若くも老けても見えます。 髪の毛がつやがあってサラサラ感があればそれだけで若く見えます。 ポニーテールのような一つ結びは髪質が良ければおしゃれに見えるし、ぼさぼさ頭だったらただ面倒だから日っ詰めているだけに見えます。 髪のアンチエイジングもやればやっただけ髪の毛には良い栄養を与えます。 元気で若々しい髪の毛を保つために髪のお手入れも必要ですね。
ノンシリコンアミノ酸系シャンプーはハゲや薄毛、抜け毛におススメ!情報あり
ノンシリコンシャンプーは今話題になっていますね。 それもそのはず、ハゲや薄毛抜け毛にはノンシリコンでアミノ酸系のシャンプーをツ片方が良いのです。 市販のシャンプーでもおススメの商品をご紹介しています。 実際に美容師さんから聞いた情報を取り入れながらシャンプーについて触れています。
50代女性加齢臭は頭皮の臭いから、原因と対策は?
50代は加齢臭が気になるお年頃。 男性はおじさん臭くなり、女性は中高年独特なにおいになると言います。 そんな加齢臭の物質が出てくるからとあきらめなくても食べ物やシャンプーの仕方やボディソープで加齢臭を抑えることは出来るのです。
50代の白髪と髪型の悩みの解決策とは?
50代の白髪と髪型は悩むところですね。 白髪の量も急に多くなる年頃なので、染める間隔も短くなってきます。 髪型も今までのヘアスタイルだと合わなくなってきます。 50代の白髪と髪型の悩みの解決方法は?
市販と通販の人気白髪染めは?
50代になったら切り離すことの出来ない白髪染め。 アレルギー体質でも大丈夫な白髪染めを選ぶ? しっかり染まりたい白髪染めを選ぶ? 市販で人気の白髪染めや、通販で買ってみたヘアカラーなど試した結果はいかに?
50代、いつまでもロングヘアでいられるための秘策は?
50代、いつまでもロングヘアでいたいですよね。きれいなロングヘアでいる為の秘策をご紹介したいと思います。まずは内側から食べ物でのケア、外側からはドライヤーでのやり方。トリートメントでのケアもただ乾かすだけではない秘策があります。50代のロングヘアを綺麗にしてくれる方法を知りたくないですか?
白髪を染めなくてもおばさんにならないロングヘア
白髪染めをしなくてもおばさんにならないロングヘアとは?ロングヘアなのに白髪があるって今一つ綺麗に見えないですよね。でも染めたくないし。そこで白髪を染めなくてもロングヘアでおばさんに見えないスタイルはあるか書きとめてみました。
白髪染めをやめるのは平均何歳頃なのでしょうか?
白髪染めをやめる時って、いつかはやってきますよね。平均だと何歳くらいが白髪染めをしなくなるのでしょうか?まだ40代や50代60代で白髪がたくさんあってももう白髪染めをしなくなったという人もいます。それは稀であって、白髪染めをやめる時の平均は白髪が増えてきてもそれが違和感なくなった年齢にやめる決心がついているようです。
50代ロングヘアでポニーテールは痛いの?
50代女性のロングヘアでポニーテールをしているのは痛い?いい年をしてポニーテールはおかしい?髪が艶々してればロングヘアでポニーテールが似合えば全然大丈夫です。結ぶ高さを少し低めにするとあまり違和感もなく大人のポニーテールの出来上がり。パサパサしていてポニーテールをしている場合は、ただうっとうしいから髪をひっつめているの?と思われます。
50代白髪染めランキング!おすすめカラートリートメントトップ3
50代におすすめの白髪染めは?髪と地肌の為にカラートリートメントをオススメします。たくさんのカラートリートメントがある中で、私がオススメしたいトップ3はルプルプ、レフィーネ、ラサーナです。