50代主婦の断捨離 終活

50代主婦の断捨離総ざらい!終活に向けて物を減らすメリットとは?

 

 

50代は段捨離するのに良い機会です。そろそろ終活を考える人も多くなるのが50代ですよね。

 

毎年少しずつ捨てることをしなければ、ものも溢れているし使ってないものもたくさん出てきます。

 

生活スタイルも昔と違ってくれば必ず今必要のないものはたくさんあります。

 

終活に向けて段捨離を考えてみませんか?50代で物を減らすメリットとは?

 

50代主婦の断捨離いらないものを考えよう!

 

50代主婦の断捨離、いらないものを総ざらいしてみませんか?捨てるものはきっとダンボールにたくさんあるはずですよ!

 

片づけや整理はするものの、買った時の値段や「流行していたブランドだし」、「いつか使うかも知れないし」と、なかなか捨てられないものは誰にでもありますよね?

 

 

いろいろなものを見て知って、50年の経験があるからこそ、その中で「自分にとって心地よいもの(本当に必要なもの)」と「そうでないもの」に区分けできるのではないでしょうか?

 

 

「まだ使えそう」と思って片づけられないものは、思っている以上に多いものですね。

 

でも、これからのライフスタイルを考えると、きっと「手放しても良いもの」もあるはず。
それを1つずつ考えていきましょう。

 

洋服や小物を段捨離しよう!(スカーフ・ハンドタオル・アクセサリー・靴・バックなど)

 

まず、可能ならばクローゼットの中やタンスの中の洋服を全て出します。「全部は出せない」という場合は引き出し1つ、1つでも良いです。

 

そして次に「この1年間に着た服・着ていない服」に分けて、ここで古着になってしまった服は処分しましょう。

 

 

更に「着ていない服」を「とっておく・処分する・保留にする」の3つに分けます。「とっておく」基準は、このワンシーズンに着るかどうかで決めると良いでしょう。

 

 

「保留」と決めた服は試着をしてみて、どうするかを決めます。保留になってしまう洋服はサイズが合わなかったり、着心地が良くなかったり、古くなっているものが多いはず。

 

 

そして、どうしても思い切って処分できない服は「とりあえず保管する」としておくのが良いと思います。

 

衣装ケースに入れて1年くらいとっておいて次の衣類整理のタイミングで、もう一度判断するようにします。

 

 

洋服は消耗品です。高価なものでも、ブランドものでも、あまり着なかったものでも、「洋服は、着てこそお役目を果たせる」ものです。

 

 


手放すことで、何か手に入るものがある。今の自分をより素敵に見せてくれる、「こうなりたい私」を応援してくれる服が見つかるかも知れませんね。

 

キッチン用品の断捨離

 

「お客様用の食器やお箸は、その量が必要なのか?」「これから使う場面があるのか?」を基準に考えると良いですね。

 

いただきもので一度も使ったことのない、箱に入ったままの食器類などはありませんか?

 

「捨てられない」と思うなら、普段使いの食器に変身させてあげましょう。

 

使わなくなったり、使う頻度が少なくなった調理器具・お弁当箱なども点検してみましょう。

 

押し入れの中身の断捨離

 

 

押し入れは住まいの中でも、収納スペースが大きいです。収納量が大きいからこそ、このスペースを制することが大切。

 

「使っていないもの・存在を忘れていたもの・なくても困らないもの・壊れているもの」などがあると思います。

 

 

思い出の品や修理をしてでも使いたいものもあるので、そんな品物を残して「必要なものと、そうでないもの」に分け、そうでないものは処分します。

 

 

 

断捨離の「離」は、ものへの執着から離れることといわれています。本当に大切なものは「もの」ではなくて、「心の中に刻まれた大切な思い出」なのかも知れませんね。


 

 

保険を見直す

 

50代になって一番保証してほしいことは、変わってきていませんか?

 

子供が小さいうちは大きな死亡保障を設定していても、子供が成人しているならば今までほどの保障が必要なのかを見直してみましょう。

 

これからはご自身や配偶者の医療保険に重点を移していくなど、ライフステージに合うように保険のメンテナンスをするのも必要なことです。

 

50代の断捨離は終活の一部でもある

 

「終活」と聞くと「何だか、嫌だなぁ」とか「縁起でもない」と思ってしまいますよね?

 

 

 

終活とは「人生の終わりのための活動」の略で、人が人生の終わりを迎えるにあたって、いろいろな準備やそこに向けた人生のまとめ(総括)をする、というような意味です。


 

 

「気になるけれども、まだ早いかな」と思ったり、「自分の死」と向き合うことに怖くなったりという気持ちになるかも知れません。

 

50代という年代は自分自身の老いと、親の老いを実感するようにもなってきます。

 

年老いた親が住む家(実家)のことを考えると、私たちが学生時代に使っていたものや本、衣類がそのまま残っていたりします。

 

「実家の断捨離も、しなくちゃ!」と思いますが、ものが多過ぎて何から手をつけたら良いのか分からなくなってしまいます。

 

そんな時にふと自分がいなくなった後のことを考えると、家族にかける迷惑は少なくしたいし、美しく旅立ちたいなと思いますよね?

 

もちろん、綺麗ごとばかりではなく「誰かに見られたくないもの」も、たくさんあります。

 

そのための「終活」という言葉が、とても気になってしまいます。美しく旅立つということは、美しい生き方にも通じると思います。

 

終活に向けて物を減らすメリットとは?

 

断捨離はただ単に、ものを捨てて処分するというだけではなく、「もの」との関わり方や考え方を見直したり・変えたりするもの。

 

「断捨離」は単なる「片づけ」とは違います。ものを減らすメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

*部屋が片づく         *ものの管理や掃除の時間が短縮
*仕事の能率が上がる      *お金が貯まりやすくなる
*健康的になる         *気持ちの切り替えができる
*考え方がポジティブになる   *過去にとらわれなくなる
*運気が良くなる

 

人は自分が置かれた環境が良くなると、考え方も整理されて仕事の能率がアップするといわれています。

 

ものを捨てることで気持ちの切り替えになり、余裕のないネガティブな思考にとらわれることが減って、前向きな考え方ができるメリットがあります。

 

心身共に快適な部屋は、空気がよどむことがありません。人間関係も自分を軸に再構築できるようになります。

 

断捨離が運気アップにつながるといわれているのは、思い切った行動を起こすことによって気持ちも前向きになり、物事を前向きに考えられるようになるからだといえるでしょう。

広告

関連ページ

50歳からの生き方を考える女性編
50歳からの生き方女性編。 人生の終わりの時に自分の人生はまぁまぁだったと思えそうですか? 50歳からの書生の生き方は結婚している場合と独身の場合、焦点もかなり違って来ます。 50歳からの後悔のない女性の生き方はどんなことなのでしょうか?
50代独身女性の生きがいとは?
50代独身女性で生きがいがないと悩んでいる人も多いようです。 それには今の収入に余裕があるかどうかと言う事も多少なりとも関係しています。 余裕がないと生きがいも持てない? お金がかかる生きがいばかりではないんですよ。 そんなヒントを綴っています。
50代アラフィフ女性の悩み(病気、住まい、お金)
50代アラフィフ女性の病気、住まい、お金に対する悩みを体験談として綴って見ました。 50代は癌の罹患も増えるころです。 この体験談を話してくれた女性も乳がんです。 50代と言う年齢は特に病気の悩みも増えてくる頃です。 住まいは持ち家の方が将来は楽ですが、支払いを考えると同じくらいになるそうですね。 お金は貯金がゼロの人もいますし、かなり書均している人もいます。
50代で離婚後の幸せな人生を送るために
50代で熟年離婚を考えている女性はきっと少なくありません。この年齢までじっと我慢していたからここで熟年離婚してやる!50代で離婚後に幸せな人生が送れるかどうか慎重に作戦を練っておかないと熟年離婚で後悔することも!
50代でモテる女性はこんな理由があるから
50代になっても異性にモテる女性はいますよね。なぜモテるのか理由を知りたくないですか?それは外見的なこと、内面的なこと等総合したものが男性からみたら魅力的に映るのです。50代でもまだまだあきらめてはいけないのです。私は魅力的と暗示をかけると言うのも良いですよ。
50代事実婚のメリットとデメリットとは?
50代で事実婚でいるカップルのメリットとデメリットについて。なぜ、事実婚と言うスタイルをとっているのか?それには籍を入れられない事情があることも。事実婚を何年も続けているカップルはメリットやデメリットが時にはあります。でも、事実婚を続けるにはメリットの方が大きい理由があるのです。
50代に多い結婚してても孤独を感じる女性
50代女性は結婚してても孤独を感じると言う人が多いのです。それぞれの環境にもよりますが、子供たちは独立して夫婦の会話が今まで以上に減ってしまっていると、家族と言う絆も見えてこなくなります。結婚していても孤独感を感じないでいるにはどうしたら良いでしょうか?
50代独身女性の素敵な生き方とは?
50代女性の素敵な生き方をご紹介しています。素敵に生きると言う事は自分の心次第ですね。仕事に生きがいを見つけたり、趣味で楽しんだり。お金をかけ無くても50代独身女性は素敵な生き方をしている人が多いですね。何かにチャレンジしようと言うのもキラキラして見えます。素敵な女性の生き方をこの記事ではご紹介しています。
魅力的な50代女性になる秘訣、保存版
魅力的な50代女性になる秘訣とは?環境次第で、自然と魅力的な50代でいる女性もいますね。そんな女性も気を付けていることがあります。服も靴も大事です。でも、もっと大事なものがあります。そこをいつも気にかけていればこっちのものですね。
子供のいない50代独身女性の生きがいとは?
50代独身女性で子供がいない人の生きがいについて考えていきます。子供がいない場合でも人それそれ生きがいは様々。今よりも老後はもっと孤独で寂しくなりがちです。そうならない為に、何でも良いので今から生きがいを見つけることが大切です。
50代女性の一人暮らしのメリットとデメリットは?
50代女性のひとり暮らしのメリットとデメリットはどんなものがあるのでしょうか?ある50代女性のひとり暮らしの体験を綴っています。一人暮らしをしている女性は是非参考にしてくださいね。自由だけど、大変な部分も多い50代のひとり暮らしの女性の体験とは?
50代独身女性が老後資金を作るコツとは?
50代独身女性はそう遠くない老後のことも心配ですよね。老後資金は心配のない人ばかりではありません。確実に働いている今よりも収入は少なくなります。そのためには何か工夫をして老後資金を貯めておきたいですよね。50代独身女性が老後資金を作るコツ知りたくないですか?
50代歳を取るのが怖い、どうしたら良いの?
歳を取るのが怖いと思っている若い男女もいますが、切実に歳を取るのが怖いと感じるようになるのは人生半分以上生きてきた50代ですよね。女性は等に顔の衰えがきになってきます。60代も目の前になり、健康面でも心配になるので、歳を取るのは怖くなるのはもしかしたら当たり前なのかもしれません。歳をとっても健康でい続けるためには?
50代女性が寂しいと思う時!友達もいない女性の悩み
50代独身女性で友だちがいないと言う悩みを持っている人が非常に多いのです。既婚者でも友達がいなくて寂しいと思っている人も少なくはないのですが、やはり既婚者と独身者とは環境も違いますね。友達を作るなら、同じ環境、同じような収入、金銭感覚も同じような人をこれから友達をして選んでいけると良いです。ヒントを書きましたので、参考にしてくださいね。
50代独身女性の住まい、賃貸に住むかマンション購入どっちがお得?
50代独身女性がマンションや家を購入するのを考えた時、賃貸に住み続けたほうが良いのか迷いますよね。それぞれのメリットデメリットがあります。不動産を買える資金はあってもあえて賃貸で住み続けるおひとり様やファミリーもいます。その人にあった住まいは?そのあたりのヒントなどにも触れています。
50代の終活は何から始めたら良いの?エンディングノートは必要?
50歳からの後悔のない生き方とは?気になるのが熟年世代に入った体の悩み、お金の悩み、住まいの悩み等など。人それぞれの生き方がありますが、後悔をしないで50代が生き抜くにはどうしたら良いでしょうか?
アラフィフ独身女性一人暮らし~節約できる方法がここにある!
アラフィフ独身女性一人暮らし~節約できる方法があるなら知りたいですよね。どうしたも固定費はかかってしまいます。その固定費も押さえることは出来ますし、ただでレストランに行ったり、化粧品や健康食品のモニターで得する方法をご存知ですか?