50代女性の白髪と髪型

白髪が目立ちにくい白髪染めの色や髪型は?白髪は明るく染まらないの?

 

 

 

 

40代後半から50代になると、本格的に白髪と向き合う時期に突入します。

 

「髪は女の命」何と言っても増えてきた白髪が気になります。

 

だんだん髪の根元が白くなってくると、ああ、染めなくちゃ…とちょっと憂鬱。

 

美容院や自宅でヘアカラーしている人が多いと思いますが、白髪染めは、何色が一番白髪がめだちにくいのでしょうか?

 

白髪を染めるには明るめの色に染めるのは難しいこと? 

 

黒しかダメなのでしょうか?

 

白髪がめだちにくい色や髪型とは?

 

白髪が目立ちにくい白髪染めの色は何色?

 

できるだけ白髪がめだたないカラーの色ってどんな色なのでしょうか?

 

白髪を隠すためについつい暗い色で染めようとしますが、それは根元の白さがかえって目立ってしまう色です。

 

 

私は美容院に行くと、白髪を染めるには黒い色でしか無理なんですよ!

 

と言われ続けてました。

 

 

暗い色で染めると黒髪の中に伸びてきた白髪がはっきり見えて目立ちます。

 

白と黒、まさに正反対のコントラストですよね。

 

白は膨張色なので、同じ太さの黒い髪の毛よりはっきり太く見えるというデメリットが!

 

 

髪の毛は実際は1本1本太さや癖が違っているのですが、白髪染めで染めるとすべて同じ色に染まり、伸びた白髪だけが目立ってしまうというわけです。

 

 

元の髪色との差があるために目立つので、地毛が明るい茶色っぽい人は白髪が目立ちにくいのです。

 

だから、黒などの暗い色ではなく、少し明るめの色に染めることで白髪を目立ちにくくします。

 

 

その後、私は美容院を変えました。
真っ黒に染めた友人がみるみる茶色に変わったのを見て、同じ美容院を紹介してもらいました。

 

明るいベージュブラウン、ライトブラウン、チョコレートブラウンは素敵に見えるオススメの色。
美容師さんと話をしながら極力白髪も染まるように明るく染めてもらえました。

 

 

部分的にメッシュ(ハイライト)を入れて、明るい色を混ぜるようにすると更に良いそうです。

 

 

 

ハイライトとは、他の部分より明るく染めた部分のことです。

 

白髪が多い部分にハイライトを入れると白髪が隠れるし、髪に動きが出てオシャレな感じになります。

 

 

アッシュ、グリーン系がおススメの色と美容師さんが言われていました。

 

アッシュは灰色がかったくすんだ色でアッシュブラウンにすると自然です。

 

 

グリーンに染めた場合は、髪色が少しあせてきても白髪のグリーンがアッシュのようになって不自然でなくなります。

 

私も美容院で勧められてハイライトを入れてます。

 

 

確かに一色よりも動きが出てペタッとした感じがしなくなります。

 

白髪は明るく染まらないの?黒く染めるしかないの?

 

 

先にもあげましたが、黒く染めると伸びた白髪が目立ってしまいます。

 

 

真っ黒だと重い感じで老けて見えるということもあるみたいです。

 

白髪でも明るく染めることはできるようです!

 

 

でも、自宅で染めるときは注意があります。

 

白髪はおしゃれ染めでは染まらないのです。

 

 

また、明るくするほど染まりにくいし、色もちも悪いのです。なんでも完璧にはできないのですね。

 

髪質がかなり悪かったりするときも、きれいには染まらないようです。

 

 

市販の白髪染めでブラウン系のものを選んで自宅で染めれば手軽で安いです。

 

美容院ではたくさんのカラー剤があるので、髪にあったものを選んで使い分けしながら染めてくれます。

 

 

2,3種類のカラー剤を使って染めるので、希望の色に近づけてくれそうです。

 

美容院で染めても1,2週間もすれば伸びてくる白髪。

 

 

次の染め直しまでは、市販のもので手軽に染めている方が多いと思います。根元は特にすぐ気になりますよね。

 

白髪染め用のトリートメントは自然由来のものも多く、肌や紙に優しいという良さがあります。
50代白髪染めランキング!おすすめカラートリートメントトップ3

 

お風呂で毎日シャンプー後に使えますから便利です。

 

白髪が目立ちにくい髪型は?

 

 

白髪を目立たなくする髪型がありましたよ。

 

重要なポイントは生え際と前髪です。


 

 

前髪を上げてしまうと、白髪の目立つ生え際が出てしまいます。

 

深めの前髪を作って、ふんわりとさせるのがポイント。

 

 

頭頂部も白髪が目立つところです。分け目を作るのをやめて、ふんわりとさせる方がいいです。

 

ショートは白髪が混じっていても目立ちにくい髪型です。

 

 

ロングヘアの場合は少し難しいです。

 

長いと毛先も傷みやすいのでお手入れが肝心ですね。

 

 

また、髪を結ぶと内側の隠れていた白髪が表面に出てくることがあります。

 

編み込みとかアップにする時も十分気をつけましょう。

 

 

目立ちやすい頭頂部の白髪は隠してしまうのがお手軽です。

 

ターバンなどで白髪を隠し、お団子ヘアにするとか、若々しいヘアスタイルも可愛いです。

 

 

また、パーマをかけることで白髪を目立ちにくくする効果があります。

 

ミディアムのゆるふわパーマがおススメ。髪全体がふんわりすると目立ちにくいです。

 

 

根元から髪が立ち上がるのが良い効果を生みます。

 

それに、パーマをかけたことで光が乱反射して、白髪が目立たなくなります。

 

まとめ

 

白髪の悩みが増えてくる世代は色や髪型をどうするか、40代50代女性以降は切実な悩みですね。

 

急に明るめの色を選ぶのは勇気がいるので、まずはワントーン明るい色にして、白髪の量が増えてきたら、色をまた変えていくのもいいかもしれません。

広告

関連ページ

50代白髪染めのダメージや染める間隔、白髪率について
50代になったら気になる髪質、髪型。 まずは50代の白髪率はどうなのでしょうか? 大体50代になるとかなりの白髪人口です。 染め方はどうでしょうか。 美容院に行く人、最近はやりのカラートリートメントで白髪染めをする人。 白髪染めの間隔も気になります。
50代ロングヘアは若く見えるのかそろそろやめた方がよいのか?
50代になったらロングヘアはやめた方が良いのか?50代になると白髪染めは必須になってきたりします。 毛染めによって髪質はよっぽどじゃない限り悪くなってきます。 メンテナンスをしたり生まれつい髪の質が良かったりする女性はいつまでたっても髪の毛は綺麗ですね。 そんな女性だったらロングヘアもやり続けて良いのではないでしょうか? 50代でロングヘアを続けたい場合は髪の毛のメンテナンス次第でOKですね。
50代の髪質は悪くなるばかり?細くなる人剛毛になる人ちりちりで悩む人
50代になると髪質は悪くなるばかり。 細くなったりちりちりになったり、剛毛で悩む人も少なくありません。 やはり若い頃とは違って髪質も変わってくるのです。 そんな時はどうしましょう。 簡単なのがシャンプーを今までのと変える。 アミノ酸系のシャンプーが良いとされています。 潤いが出て髪の毛を乾燥から守ります。 頭皮のマッサージも髪の毛を良くする一つです。 メンテナンス次第で50代の髪質も綺麗でいられますね。
50代女性若く見えるのは髪質と髪型にあり!髪のアンチエイジング
50代の女性の髪型と髪質次第で10歳くらい若くも老けても見えます。 髪の毛がつやがあってサラサラ感があればそれだけで若く見えます。 ポニーテールのような一つ結びは髪質が良ければおしゃれに見えるし、ぼさぼさ頭だったらただ面倒だから日っ詰めているだけに見えます。 髪のアンチエイジングもやればやっただけ髪の毛には良い栄養を与えます。 元気で若々しい髪の毛を保つために髪のお手入れも必要ですね。
50代女性の髪の老化や毛穴の老化を止める方法
50代にもなると髪の老化や毛穴の老化が気になりますよね。 その原因は? 髪の老化や毛穴が硬くくなる事を食い止める方法等情報を書き綴っています。 卵を食べると良い、マッサージに行くと良い等知っていてお得な事を載せています。
ノンシリコンアミノ酸系シャンプーはハゲや薄毛、抜け毛におススメ!情報あり
ノンシリコンシャンプーは今話題になっていますね。 それもそのはず、ハゲや薄毛抜け毛にはノンシリコンでアミノ酸系のシャンプーをツ片方が良いのです。 市販のシャンプーでもおススメの商品をご紹介しています。 実際に美容師さんから聞いた情報を取り入れながらシャンプーについて触れています。
50代女性加齢臭は頭皮の臭いから、原因と対策は?
50代は加齢臭が気になるお年頃。 男性はおじさん臭くなり、女性は中高年独特なにおいになると言います。 そんな加齢臭の物質が出てくるからとあきらめなくても食べ物やシャンプーの仕方やボディソープで加齢臭を抑えることは出来るのです。
50代の白髪と髪型の悩みの解決策とは?
50代の白髪と髪型は悩むところですね。 白髪の量も急に多くなる年頃なので、染める間隔も短くなってきます。 髪型も今までのヘアスタイルだと合わなくなってきます。 50代の白髪と髪型の悩みの解決方法は?
市販と通販の人気白髪染めは?
50代になったら切り離すことの出来ない白髪染め。 アレルギー体質でも大丈夫な白髪染めを選ぶ? しっかり染まりたい白髪染めを選ぶ? 市販で人気の白髪染めや、通販で買ってみたヘアカラーなど試した結果はいかに?
50代、いつまでもロングヘアでいられるための秘策は?
50代、いつまでもロングヘアでいたいですよね。きれいなロングヘアでいる為の秘策をご紹介したいと思います。まずは内側から食べ物でのケア、外側からはドライヤーでのやり方。トリートメントでのケアもただ乾かすだけではない秘策があります。50代のロングヘアを綺麗にしてくれる方法を知りたくないですか?
白髪を染めなくてもおばさんにならないロングヘア
白髪染めをしなくてもおばさんにならないロングヘアとは?ロングヘアなのに白髪があるって今一つ綺麗に見えないですよね。でも染めたくないし。そこで白髪を染めなくてもロングヘアでおばさんに見えないスタイルはあるか書きとめてみました。
白髪染めをやめるのは平均何歳頃なのでしょうか?
白髪染めをやめる時って、いつかはやってきますよね。平均だと何歳くらいが白髪染めをしなくなるのでしょうか?まだ40代や50代60代で白髪がたくさんあってももう白髪染めをしなくなったという人もいます。それは稀であって、白髪染めをやめる時の平均は白髪が増えてきてもそれが違和感なくなった年齢にやめる決心がついているようです。
50代ロングヘアでポニーテールは痛いの?
50代女性のロングヘアでポニーテールをしているのは痛い?いい年をしてポニーテールはおかしい?髪が艶々してればロングヘアでポニーテールが似合えば全然大丈夫です。結ぶ高さを少し低めにするとあまり違和感もなく大人のポニーテールの出来上がり。パサパサしていてポニーテールをしている場合は、ただうっとうしいから髪をひっつめているの?と思われます。
50代白髪染めランキング!おすすめカラートリートメントトップ3
50代におすすめの白髪染めは?髪と地肌の為にカラートリートメントをオススメします。たくさんのカラートリートメントがある中で、私がオススメしたいトップ3はルプルプ、レフィーネ、ラサーナです。
アラフィフにおススメのシャンプー守り髪の口コミと解析した結果は?
アラフィフ女性におススメなシャンプー&トリートメント守り髪。 雑誌やネットなどでも話題となっているので知っている人も多いんです。守り髪シャンプー安堵トリートメントの口コミと解析を見てますます買いたくなる人は多くなりそうですね。